〜障害のある人もない人も共に生きる地域社会の実現〜

HOME

経営支援 過去の情報ページ


ちばリサイクル根ttp

都市鉱山への挑戦! 画像

■都市鉱山への挑戦!
ちばリサイクルネット−千葉県障害者福祉事業所リサイクル事業ネットワーク協議会(仮称)

◆都市鉱山解体作業とは

携帯電話等の通信機器やデジタルカメラ及びパソコンなど電子機器より、集積回路が入った基板・ベースメタル(アルミや鉄等)・プラスティックを取り出し(解体し)、分別する事で資源循環の一翼を担い、また障害のある人たちに対する安定した作業訓練プログラムの提供、工賃向上を目指す作業です。

◆都市鉱山解体作業導入のメリット
  • 多種な作業工程があるため、各障害特性に応じた作業提供ができます。
    (ex.)
    道具が使える方ならばネジを外す等の解体
    磁石が持てれば鉄・非鉄の判断で分別をする 等々・・・
  • 不良品を作ってしまう事が少ない作業ですので、利用者が自由に作業に取り組めます。
  • 納期も内職等の受注作業に比べて緩く、作業に追われる事がないので支援が疎かになりません。
    出来高制の為、量をこなす事で安定した収入にもつながります。
  • 作業導入初期費用が少ない(100円ショップ等の工具である程度揃えられます)。
    逆に、電動工具など専用工具をそろえる事で、生産性を飛躍的に上げる事も可能です。
◆ちばリサイクルネット 機能図

ちばリサイクルネット 昨日図の画像

ちばリサイクルネットでは安定した作業提供ができるように行政や企業と交渉し作業品となる原料(解体物)を確保し、また解体品を出荷する企業の開拓等々に協働で取り組みます。
また、作業の標準化を促進しクオリティの均一化を図り、各会員事業所が安心して解体作業に取り組めるよう技術の向上を図ります。(先行する事業所が技術指導に当たります)

◆ちばリサイクルネット内部組織及び各機能

以下の部会を設置し機能の拡充及び啓発等を行います。

@原料調達部会
原料となる解体品を企業や行政から安定して受給できるシステムを構築します。
A作業標準化部会
作業クオリティを維持・向上を図り、売却単価の向上を目指します。
B作業指導部会
実際に作業従事をする際の方法や工具の使い方等を各会員に指導します。
C啓発広報部会
「ちばリサイクルネット」がより安定した作業受注が出来るように、対外的な広報啓発を行います。
D市況調査部会
市況情報を収集し、高価格での買取企業を開拓選定します。

■2013/2/21「ちばリサイクルネット協議会」総会のお知らせ

次の日程で総会を開催致します。

◆日時:
2月21日(木)午後2時〜
◆会場:
ちば市民活力創造プラザ(千葉市中央区中央3−12−12千葉中央ツインビル2号館9階)
◆議事内容:
1.挨拶(友田会長)
2.現状の活動報告(岩谷副会長)
3.今後の事業展開について
4.質疑応答


■「ちばリサイクルネット」発足会のご案内

次の日程で「千葉県障害者福祉事業所リサイクル事業ネットワーク協議会」(略称:ちばリサイクルネット) の発足会を開催することとなりました。
今回、15団体でのスタートとなりますが、2次会員もおって募集する予定です。

◆日時:
6月8日(金) 午後1時30分〜3時
◆会場:
ちば市民活力創造プラザ
千葉市中央区中央2-5-1

なお、当日の午前中「千葉県文書館」において障害福祉課主催のB型事業所の管理者会議が開催されます。会員事業所中、B型事業所の皆さまは、終了後移動してください(徒歩10分程度)。A型、地活等の皆様は直接会場にお越しください。


■2012/5/22【リサイクル工場見学会】

リサイクル工場見学会

リサイクル事業に取り組んでいる、またこれからの取り組みを検討している障害者福祉事業所の皆さまを対象に、国内最先端のリサイクル工場の見学会を開催します。
見学するのは、循環型社会の実現に向け、限りある資源を素材化し、再び日本の製造現場に循環させている国内で有数のリサイクル工場である「株式会社ハイパーサイクルシステムズ」様の本社工場(市川市)です。

◆参加対象者:
千葉県内の障害者福祉事業所の職員
◆定員:
15名
◆見学先:
見学工場 株式会社ハイパーサイクルシステムズ
所 在 地 〒272-0003 市川市東浜1-2-4

・電車でお越しの場合 JR京葉線二俣新町駅下車タクシーで約5分 JR・東京メトロ西船橋駅下車タクシーで約15分
・お車でお越しの場合 京葉道路上下線とも「原木IC」より約10分 首都高速湾岸線(東京方面より)「千鳥町出口」より約15分 東関東自動車道(千葉方面より)「湾岸市川IC」より約15分
日  程 2012年522日(火) 13:00〜15:00 ・会社概要説明(約30分) ・工場見学(約60分) ・質疑応答(約30分)

・お申込者数が定員になり次第締め切らせていただきます。

・当日は、直接現地(株式会社ハイパーサイクルシステムズ様駐車場)に12:45迄に、お集まりください。

・工場内での安全のために、動きやすい服装と靴でご参加ください。

・本件についてのお問合せは千葉県障害者就労事業振興センター宛にお願いします。


■2012/5/15【「ちばリサイクルネット準備会」開催】

(一次会員は締め切りました。)

小型家電リサイクル制度の制定をにらみ、県内の福祉事業所による自立した協働事業として解体・選別リサイクル『都市鉱山への挑戦!』への準備を進めます。

千葉県障害者福祉事業所リサイクル事業ネットワーク協議会(略称:ちばリサイクルネット)準備会
発起人代表
友田 久子(特定非営利活動法人あゆみ会 理事長)
発起人
岩谷 良浩(株式会社日本クリード自立支援塾クリード北柏)
発起人
櫻井 健司(特定非営利活動法人千葉県障害者就労事業振興センター センター長)
◆日 時:
5月15日(火)14:00〜16:00
◆場 所:
千葉県庁本庁舎8階会議室
◆議 題:
1.ちばリサイクルネットの事業趣旨について 友田久子・岩谷良浩
2.質疑応答
3.ちばリサイクルネット発足大会(6月予定)について


 
 

 

Copyright (c) 2009 千葉県障害者就労事業振興センター all rights reserved.