〜障害のある人もない人も共に生きる地域社会の実現〜

HOME

経営支援 過去の情報ページ

研修会等の情報

■2017/02/08【A型で働く利用者が主催・運営する利用者の為のシンポジウム&アンケート調査報告&講評】参加者募集

千葉県就労継続支援A型連絡協議会(略称、千葉Aネット)よりNICEなお知らせ/千葉県就労継続支援A型連絡協議会研修会

◆日時:
平成29年2月8日(水)13時30分〜
◆場所:
千葉市民会館小ホール
◆参加費:
1,000円(資料代)
◆主催(問合せ先):
千葉県就労継続支援A型連絡協議会
事務局 社会福祉法人オリーブの樹(担当:加藤)
電話:043-216-8211


■2016/12/10【第8回千葉県障害者グループホーム大会「これからのグループホーム〜みんなの想い〜」参加者募集】

第8回千葉県障害者グループホーム大会「これからのグループホーム〜みんなの想い〜」

◆日時:
平成28年12月10日(土) 14:00〜16:45(13:30〜受付)
◆参加費:
無料
◆定員:
450名
◆場所:
千葉県教育会館大ホール
◆主催:
千葉県・千葉県障害者グループホーム等支援事業連絡協議会
◆内容
●14:10〜15:10 基調講演
●15:25〜16:45 文科会


■2016/12/05【「販路開拓を目指すためのコンプライアンスセミナー」受講者募集】

「販路開拓を目指すためのコンプライアンスセミナー」受講者募集

◆主催:
特定非営利活動法人日本セルプセンター
◆講師:
高田かおり氏(株式会社生活品質科学研究所)
◆費用:
3,000円/人
◆対象:
・施設商品の販路開拓を目指す障害者就労支援事業所
・障害者就労支援に係る中間支援団体等の役職員
◆定員:
各会場40人(定員に達し次第、締め切り)
◆テーマ:
・小売業の特性と適合商品について
・パッケージデザインとコンプライアンス
・バイヤーの選択基準と商品アドバイス
◆日程:
平成28年12月5日(月) 10時〜17時
◆会場:
東京会場 全国社会福祉協議会 第6・7会議室
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階
◆バイヤー:
株式会社ダイエー 掛水邦明(ミートMD)氏


■2016/11/10〜11【「中堅職員対象福祉職員キャリアパス対応生涯研修」受講者募集!】

中堅職員対象福祉職員キャリアパス対応生涯研修 受講者募集!

◆日時/
平成28年11月10日(木)10:00〜17:00
平成28年11月11日(金)10:00〜17:00
(両日とも受付9:30〜)
◆会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
◆募集定員/
30名
◆受講資格/
福祉施設事業所において2年以上の職務経験
のある方
◆受講料/
1,000円(テキスト代含)
◆持参するもの/
筆記用具
◆申し込み方法/
別紙『研修受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送下さい。
◆申込期限/
平成28年10月6日(木)12:00
◆決定通知/
平成28年10月7日(金)15:00〜
申込のあった事業所宛にFAXにて通知します。

※ 定員を超えた場合は抽選となりますのでご了承下さい。


■2016/10/27〜28【「チームリーダー対象福祉職員キャリアパス対応生涯研修」受講者募集!】

チームリーダー対象福祉職員キャリアパス対応生涯研修 受講者募集

◆日時/
平成28年10月27日(木)10:00〜17:00
平成28年10月28日(金)10:00〜17:00
(両日とも受付9:30〜)
◆会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
◆募集定員/
30名
◆受講資格/
福祉施設・事業所において係長・主任等の役職に
就かれている方(就くことが予定されている方でも可)
◆受講料/
1,000円(テキスト代込)
◆持参するもの/
筆記用具
◆申し込み方法/
別紙『研修受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送下さい。
◆申込期限/
平成28年9月26日(月)12:00
◆決定通知/
平成28年9月27日(火)15:00〜
申込のあった事業所宛にFAXにて通知します。

※ 定員を超えた場合は抽選となりますのでご了承下さい。


■2016/10/03【「独創的な就労移行支援の実践大公開」参加者募集!】

独創的な就労移行支援の実践大公開

◆日時:
平成28年10月3日(月)12:00〜16:30
◆場所:
千葉県社会福祉センター3階・会議室
〒260-8508 千葉市中央区千葉港4-3
◆参加対象:
千葉県社会就労センター協議会会員 および 非会員
特別支援学校の進路担当教職員など
◆参加費用:
千葉県社会就労センター協議会会員 2,000円(当日入会により会員価格参加可能)
非会員 3,000円
(昼食代込。当日会場にてお支払いください。)
◆申込方法:
平成28年9月26日(月)までに別紙にて申込


■2016/08/02【「シンポジウム『障害者と高める、事業運営』〜高付加価値を生む、働く場とは〜」参加者募集】

「障害者にとって"やりがい"のあるしごととは」

◆日時:
平成28年8月2日(火)14時45分〜16時45分
◆場所:
千葉市市民会館小ホール
◆参加費:
資料代として500円
◆主催(問合せ先):
千葉県就労継続支援事業A型連絡協議会
(事務局)社会福祉法人オリーブの樹(加藤)
(TEL)043-216-8211
◆申込方法:
別紙をFAXにて
◆申込先:
サニーロード八千代
(FAX)047-489-5044


■2016/07/15 開所半年で焼き菓子6,000個を販売!おおぞら園・販路拡大のヒミツに迫る
  <父の樹会・3事業所見学ツアー>

会計イメージ画像

開所から半年間で6,000個を販売した、おおぞら園の焼き菓子「ブールドネージュ」。 短期間で売り上げを伸ばした要因、スイーツクリエイターとの共同開発秘話、利用者の関わり方などについて、担当者のお話を伺います。 あわせて、同じ法人の父の樹園(パン・焼き菓子)、あけぼの園(チップス・チップスワッフル)の製造現場も見学します。 食品製造を行っている事業所の工賃向上につなげる機会です。どうぞご参加ください。

◆日時:
2016年7月15日(金)13:30〜16:00 (受付13:00〜)
◆場所:
社会福祉法人父の樹会 おおぞら園 (現地集合・解散)
千葉市稲毛区長沼原町324-17  TEL 043-306-3912
☆JR総武線稲毛駅東口より京成バスをご利用ください。
   A番乗り場山王町行きで「長沼原公園」下車(約20分・340円)、徒歩2分
☆車の場合は、できる限り乗り合わせてお越しください。
◆定員:
15名 (申し込み先着順)
◆参加費:
1,500円(お土産付き)
◆申込方法:
下記、詳細及び申込を所定の宛先に送信
◆主催・申込み:
 NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ (NPOクラブ)
福祉作業所ものづくり応援プロジェクト


■2016/05/23【講演会開催のご案内】

「障害者にとって"やりがい"のあるしごととは」

千葉県障害者就労事業振興センターでは通常総会のあと、講演会を開催いたします。講演会は会員事業所のみ
なさんだけでなく、また、障害サービス種別関係なく職員のみなさまに聞いていただき一緒に考えていきたい内容とな
っております。非会員の方でも参加できます。ぜひご参加ください!

◆日時:
2016年5月31日(火)15:05〜16:30
◆場所:
美浜保健福祉センター4階 大会議室(千葉市美浜区真砂5−15−2)
◆主催:
特定非営利活動法人 千葉県障害者就労事業振興センター
◆講師:
一般社団法人ディーセントワールド 代表理事  天野 貴彦氏
スワンカフェ&ベーカリー町田1号店、2号店(就労継続支援A型)を運営
第5回ヤマト福祉財団賞受賞
  • 「一般社団法人ディーセントワールド」目的より
  • 1)障害のある人の「ディーセントワーク」の実現を目指す。
    ※「ディーセントワーク」とは、ILO(国際労働機関)が21世紀の全世界・全労働者のための実現目標として掲げた理念で、
    「人間らしい労働」や「誇りある労働」と訳される。
  • 2)そのために、障害のある人もない人も喜びと誇りを持って働くことのできる職場をつくりだす。
  • 3)そのために障害のある人を「働かせる」のではなく、「働きたい」と思うことを支援する。
  • 4)「給料アップ」と「福祉サービスの質の向上」を二律背反させることなく追及する。
  • 5)事業を通じて、社会や地域の人々に貢献する。

◆締切:2016年5月27日(金)


■2016/03/15【第3回情熱営業塾 受講生募集!】

第3回 情熱営業塾! ご好評いただいております3回シリーズの情熱営業塾も今回は最終回となります。是非沢山の方々のご参加をお待ちしております。

第3回
2016年3月15日(火)13:30〜16:30(受付13:00〜)
テーマ:情熱のサービス・商品の営業・販売

主任講師:株式会社CNS 代表取締役 伊集院昭彦氏
(第三者評価機関代表・千葉県工賃向上計画有効性評価主任評価調査員他)
※毎回情熱営業の実践者のゲストスピーカーをお迎えします。
今回は世田谷区にて「パイ焼き釜」を経営する「社会福祉法人はる 統括責任者鹿島法博氏」です。

◆場所:
千葉県社会福祉センター・4階 (千葉市中央区千葉港4-3)
◆対象:
千葉県社会就労センター協議会会員 および 非会員
◆費用:
千葉県社会就労センター協議会会員2,000円
非会員3,000円
◆申込方法:
別紙をFAXにて
◆期限:
2016年3月8日(火)
◆主催:
千葉県社会就労センター協議会
◆宛先:
就職するなら明朗アカデミー・成田キャンパス
FAX:0476-24-4848
TEL:0476-24-0202


■2016/03/07【生活クラブ・スピリッツ「Meguru」カタログ掲載事業者募集説明会&相談会】参加者募集

通販事業者がホンネで語る「ものづくりと販路拡大」 生活クラブ・スピリッツ「Meguru(めぐる)」カタログ 掲載事業者募集説明会&相談会

 県内の福祉事業者は、さまざまな独自製品をつくり販売していますが、販路の拡大に課題を抱えています。心を込めていいものをつくり、適正な価格で販売し、売れることによって新たな意欲につながる循環が生まれます。
ものづくりで社会参加を志す福祉事業者の方、カタログ販売に参加しませんか。今回、品質で評価の高い生活クラブ生協の関連会社、生活クラブ・スピリッツ(株)の担当者が、扱う商品の基準や価格などについてわかりやすく説明します。
個別相談(事前予約)もあります。ぜひ、ご参加ください。

◆日時:
2016年3月7日(月)
14時〜15時 説明会 / 15時〜16半 個別相談会
◆会場:
千葉市ビジネス支援センター(きぼーる13階) 第1会議室
千葉市中央区中央4-5-1
◆講師:
生活クラブ・スピリッツ(株)担当者
◆対象:
商品の販路拡大を考えている福祉事業者
※通信販売・学校給食・自然食品店等、様々な販路があります。
◆定員:
40名(申し込み先着順)
◆参加費:
1,000円/1団体
◆申込方法:
下記の申込書をFAX
◆主催(問い合わせ先):
NPO法人地域創造ネットワークちば
TEL043-270-5601 FAX043-270-5602
◆協力:
作業所ものづくり応援プロジェクト(NPOクラブ)


■2016/02/09【「障害者差別解消法の施行に当たり、障害者差別を犯さないために」慶応大学商学部教授 中島隆信先生講演会 他 】

千葉県就労継続支援事業A型連絡協議会(略称、千葉Aネット)よりFRESHなお知らせ 「障害者差別解消法の施行に当たり、障害者差別を犯さないために」 慶応大学商学部教授 中島隆信先生講演会 &「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」について(千葉県庁障害福祉課)

◆日時:
平成28年2月9日(火)午後1時30分より
◆場所:
千葉市生涯学習センター ホール
(千葉市中央図書館)
◆参加費:
資料代として500円
◆申込方法:
下記、申込書をFAXにて
◆申込先:
(FAX)047-489-5044
サニーロード八千代 熊木行き
◆主催:
千葉県就労継続支援事業A型連絡協議会
◆問合せ先:
社会福祉法人オリーブの樹(担当:加藤)
(TEL)043-216-8211


■2016/01/24【第7回千葉県障害者グループホーム大会「グループホームで暮らすということ 〜変わる制度・変わらない暮らし〜」】参加者募集

第7回千葉県障害者グループホーム大会 このたび「第7回千葉県障害者グループホーム大会」を開催いたします。 昨今、グループホームに関する制度は大きく変化し、グループホームの形も多様化しています。本大会では、様々なグループホームの実践報告や座談会などを通して、障害者の住まいの「これまで」と「これから」について、皆様と一緒に考えたいと思います。

◆日時:
平成28年1月24日(日)10:00〜16:00(受付9:30〜)
◆会場:
千葉県教育会館
◆テーマ:
「グループホームで暮らすということ〜変わる制度・変わらない暮らし〜」
◆内容:
〔午前〕千葉県内の生活ホーム・グループホームによるシンポジウム
〔午後〕分科会(2部構成)
◆定員:
450名
◆参加費:
無料
◆締切:
平成28年1月12日(火)
※詳細な内容につきましては、下記のチラシををご覧ください。
◆主催:
千葉県・千葉県障害者グループホーム等支援事業連絡協議会
◆申込方法:
下記、申し込み書をFAX

本大会はグループホーム運営事業者に限らず、障害当事者の方はじめご家族、相談支援事業者、日中サービス事業者、特別支援学校、医療機関、行政、一般の方を含む、障害者の暮らしに関わる全ての方を対象としております。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


■2016/01/21【情熱営業塾 受講生募集!】

情熱営業塾! 週2回開催します

千葉県社会就労センター協議会では、優先調達推進法を有効に活用するために、まずは行政の市区町村を顧客の中心に据えて、民需獲得の呼び水となるよう官公需獲得のための商談会を企画していきます。
この商談会の開催にあたり、各施設・事業所の方々を対象に、施設・事業所の役務・商品のブラッシュアップや内容、特長、発注方法等を顧客に確実に伝わるよう情報提供するために、並びにその情報に情熱を乗せて顧客に届けるための方法を学ぶ、3回シリーズの情熱営業塾を開講します。なおこの商談会は2016年6月開催予定です。

第2回
2016年1月21日(木)13:30〜16:30
テーマ:
1部 情熱のサービス・商品の設計・製造
2部 情熱施設・事業所の実践 〜サービス・商品力を活かす設計・創造力〜

主任講師:株式会社CNS 代表取締役 伊集院昭彦氏
(第三者評価機関代表・千葉県工賃向上計画有効性評価主任評価調査員他)
※毎回情熱営業の実践者のゲストスピーカーをお迎えします。

◆場所:
千葉県社会福祉センター・3階 (千葉市中央区千葉港4-3)
◆対象:
千葉県社会就労センター協議会会員 および 非会員
◆費用:
千葉県社会就労センター協議会会員2,000円
非会員3,000円
◆申込方法:
別紙をFAXにて
◆期限:
2016年1月18日(月)
◆宛先:
就職するなら明朗アカデミー・成田キャンパス
FAX:0476-24-4848
TEL:0476-24-0202


■2016/02/06【「ロービジョン(弱視)者のためのパソコン活用セミナー」】ご案内

ロービジョン(弱視)者のためのパソコン活用セミナー

 視覚障害者総合支援センターちばは、このたび「ロービジョン(弱視)者のためのパソコン活用セミナー」を開催いたすことになりました。本セミナーの前半は、ロービジョン当事者の外部講師をお招きし、ロービジョン者に対する合理的配慮をテーマに講演会を開催します。後半は、ロービジョンで事務的作業をする際のIT機器の活用の仕方についてご紹介します。
つきましては、企業等の人事担当者様、教育機関等の進路指導担当者様、就労支援施設の担当者様等、ぜひ関心を持っていただきご参加いただきますようお願い申し上げます。

◆主催:
視覚障害者総合支援センターちば
◆日時:
2016年2月6日(土) 13:20〜16:30(受付:12:50〜)
◆会場:
視覚障害者総合支援センターちば(千葉県四街道市四街道1-9-3)
(JR四街道駅から徒歩5分)
◆定員:
50名
◆参加費:
2,000円
◆申込方法:
下記、申し込み及び詳細より
◆問合せ先:
視覚障害者総合支援センターちば内
TEL:043-424-2501/e-mail: sishobako@center-aikoh.net
担当:御園(ミソノ)

■ロービジョンについて

 「ロービジョン」は、眼鏡やコンタクトレンズを使っても見ることが十分に回復せず、生活に不便を感じる状態を言います。通常、拡大鏡等の光学機器を用いたり、パソコンの画面を拡大したりといった方法で、見えにくさを補っています。しかし、こうした機器や各種支援サービスについては、一般的にはさほど知れ渡っていないのが現状です。一般企業の従業員、教育機関の生徒に、このような潜在的ロービジョン者が多数いるものと考えられます。「もっとこうすれば働きやすくなる」「こうすれば教科書が読みやすくなる」といった知識や技術を知らないまま生活している可能性があります。
当センターは、従来より視覚障害者のための情報提供施設として、また外出時の歩行訓練やパソコン等の情報処理技術の習得に関するリハビリテーションにおいて、千葉県内で先駆的な取り組みをしています。
今回、「ロービジョン者のパソコン活用」をテーマにすることで、一人でも多くの視覚障害者の社会参加を促すきっかけとなるよう願っております。


■【情熱営業塾 受講生募集!】

千葉県社会就労センター協議会では、優先調達推進法を有効に活用するために、まずは行政の市区町村を顧客の中心に据えて、民需獲得の呼び水となるよう官公需獲得のための商談会を企画していきます。
この商談会の開催にあたり、各施設・事業所の方々を対象に、施設・事業所の役務・商品のブラッシュアップや内容、特長、発注方法等を顧客に確実に伝わるよう情報提供するために、並びにその情報に情熱を乗せて顧客に届けるための方法を学ぶ、3回シリーズの情熱営業塾を開講します。なおこの商談会は2016年6月開催予定です。

第1回
2015年11月18日(水)13:30~16:30

テーマ:
1部 情熱営業のイロハ〜結果が出る積極的営業体質の創造〜
2部 情熱施設・事業所の実践〜サービス・商品力を活かす営業力〜
主任講師:
株式会社CNS 代表取締役 伊集院昭彦氏
(第三者評価機関代表・千葉県工賃向上計画有効性評価主任評価調査員他)
◆場所:
千葉県社会福祉センター4階 (千葉市中央区千葉港4-3)
◆対象:
千葉県社会就労センター協議会会員 および 非会員
◆費用:
千葉県社会就労センター協議会会員2,000円
非会員3,000円
◆申込方法:
別紙をFAXにて
◆期限:
11月16(月)
◆宛先:
就職するなら明朗アカデミー・成田キャンパス
FAX:0476-24-4848
TEL:0476-24-0202

第2回:2016年1月21日(水)
第3回:2016年3月中旬


■2015/10/25【かいごの学校inちば2015】参加者募集

「一日で、いろいろなことを学びたい!」
1つのテーマを掘り下げていく中で、皆さんがカリキュラムを選べる研修、それが「かいごの学校」です。

▽日時/
2015年10月25日(日) 9:20〜16:50(受付9:00〜)
▽会場/
千葉市ハーモニープラザ
午前:
(3階)男女共同参画センターホール
午後:
(2階)男女共同参画センター研修室 A
(2階)ことぶき大学校研修室
(2階)社会福祉研修センター
▽募集定員/
200名(先着順)
▽受講資格/
下記のいずれかを満たしている方
○千葉県内の福祉従事者の方
○福祉・介護関係の資格を有する方(現在就業してなくてもOK)
○福祉・介護業界への就業を予定している方
▽受講料/
1,000円(なんと軽食付き!)
▽持参するもの/
決定通知・受講料・筆記用具
▽申し込み方法/
別紙『かいごの学校受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送下さい。
FAXがない方はお電話でも受付いたします
▽申込期限/
平成27年10月22日(木)12:00 【延長しました】
▽決定通知/
FAX・郵送到着後順次ご連絡いたします。
(決定通知は原則FAXにてお送りいたします。申込後3日以内に届かない場合はお問い合わせ下さい)
豪華講師陣(講義・会場順)です (時間割で、各先生方を確認して!) 五島朋幸氏 廣池利邦氏 阿部純氏 藤原るか氏 岩永美穂氏 佐藤雅彦氏 山本かの子氏 松下やえ子氏 篠崎良勝氏

注)先着順となりますので、申し込み期限内に終了した場合はHPにてご案内いたします。


■2015/10/29〜30【「福祉施設監督者研修」キャリアパス対応研修】

福祉施設監督者研修 キャリアパス対応研修 タイトル画像

▽日時/
平成27年10月29日(木)10:00〜17:00
平成27年10月30日(金)10:00〜17:00
(両日とも受付9:30〜)
▽会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
▽募集定員/
30名
▽受講資格/
福祉施設において係長・主任等の役職に就かれている方(就くことが予定されている方でも可)
(市外施設申込可能)
▽受講料/
無料(但し、テキスト申込の方は1,000円)
▽持参するもの/
筆記用具
▽申し込み方法/
別紙『研修受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送下さい。
▽申込期限/
平成27年10月1日(木)12:00
▽決定通知/
平成27年10月2日(水)15:00〜
申込のあった事業所宛にFAXにて通知します。


■2015/11/5〜6【「福祉施設職員研修」中堅職員対象・キャリアパス対応研修】

福祉施設職員研修 中堅職員対象・キャリアパス対応研修 タイトル画像

▽日時/
平成27年11月5日(木)10:00〜17:00
平成27年11月6日(金)10:00〜17:00
(両日とも受付9:30〜)
▽会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
▽募集定員/
30名
▽受講資格/
福祉施設において2年以上の職務経験のある方
(市外施設申込可能)
▽受講料/
無料(但し、テキスト申込の方は1,000円)
▽持参するもの/
筆記用具
▽申し込み方法/
別紙『研修受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送下さい。
▽申込期限/
平成27年10月5日(木)
▽決定通知/
平成27年10月6日(金)15:00〜
申込のあった事業所宛にFAXにて通知します。


■2015/09/08【慶応大学商学部教授 中島隆信先生講演会&千葉県内A型事業所紹介】

イベント内容の画像

◆日時:
平成27年9月8日(火)午後1時30分〜
◆場所:
千葉市生涯学習センター ホール(千葉市中央図書館)
千葉市中央区弁天3-7-7
◆参加費:
500円(資料代)
◆主催(問い合わせ先):
千葉県就労継続支援事業A型連絡協議会
事務局:
社会福祉法人オリーブの樹(担当:加藤)
TEL:043-216-8211
FAX:043-216-8212
◆申込方法:
別紙をFAXにて
◆申込先:
047-489-5044(サニーロード八千代 担当:熊木)
◆締切:
9月7日(月)


■2015/09/17【就労移行支援事業所の実践大公開!〜就職者倍増計画の鍵を探る〜】 開催!

就労移行支援事業所の実践大公開!

■日時:
9月17日(木)9:00〜16:20(8:30受付開始)
■会場:
千葉県社会福祉センター5階・大研修室
■参加対象:
千葉県社会就労センター協議会会員及び非会員
特別支援学校の進路担当教職員など
■参加費:
千葉県社会就労センター協議会会員3,000円(昼食代込)
非会員8,000円(昼食代込)
※当日入会により、会員価格参加可能
■支払方法:
当日、会場にて
■申込方法:
9月9日(水)までに、別紙をFAXにて
■内容:
時間 内容 講師
8:30 受付開始  
9:00 主催者挨拶・趣旨説明 千葉県社会就労センター協議会
会長 内藤 晃
9:10〜10:10 就労支援専門官として見てきた珠玉の実践 元厚生労働省障害保健福祉部障害福祉課
就労支援専門官 山科 正寿氏
10:20〜12:00 働くしあわせ JINEN-DOの実践
〜精神障害者への配慮要求力の高め方〜
一般社団法人 働くしあわせプロジェクト
就労移行支援事業所 働くしあわせ JINEN-DO
理事 北村 尚弘氏
12:15〜12:45 ランチミーティング
(はつらつ道場の美味しいお弁当を食べながらの意見交換会です)
千葉県社会就労センター協議会
調査・研究・研修委員長 小澤 啓洋
13:00〜14:00 ウイングルの実践 株式会社 LITALICO
就労移行支援事業所ウイングル千葉センター
管理者 伊藤 雅子氏
14:10〜15:10 ユースキャリアセンターの実践 NPO法人 NECST
ユースキャリアセンター フラッグ
施設長 柴田 泰臣氏
15:20〜16:20 香取就業センターおよび東総就業センターにおける
就労移行支援事業等の連携の実践
社会福祉法人 ロザリオの聖母会
障害者就業・生活支援センター
東総就業センター
所長 辻内 理章氏
■お問合せ:
千葉県社会就労センター協議会 調査・研究・調査委員長
社会福祉法人光明会 就職するなら明朗アカデミー・成田キャンパス
小澤 啓洋
0476-24-0202


■2015/04/09【リーダーシップ・職場内コミュニケーション】

リーダーシップ・職場内コミュニケーション【講義・演習】

≪こんな方にオススメです≫

  1. 1、「私はリーダーに向いているのか」とお悩みの方
  2. 2、「正直、苦手な部下・上司がいる」という方
  3. 3、自分より年長の方を指揮する管理者・サビ管の方

リーダーシップの重要性を学ぶことで、組織・人を円滑に動かす手法を習得します。同時に、リーダーにはタイプがあり、自身がどのタイプのリーダーかを知ることで、個人に合ったマネジメント手法を考えていくことが研修の目的です。また、良好なコミュニケーションとは何かを考える場を提供いたします。

職員の動機づけ、能力開発、行動支援のために必要なコミュニケーション力の向上や工賃向上等の目標達成には不可欠なリーダーシップを独自な視点で十全できるレベルで実施します。

◆日時:
平成27年4月9日(木)9:25〜16:30
◆会場:
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
◆定員:
30名
◆受講対象:
県内障害者就労施設管理者・サビ管、本テーマに関心のある方
◆受講料:
無料
◆講師:
株式会社CNS代表 伊集院昭彦氏
(工賃向上計画有効性評価事業 主任評価員他)
◆申し込み方法:
下記、申込書をFAX
◆申込先:
043-312-2943
◆主催:
千葉市社会福祉協議会


■2015/03/10【新人職員とのコミュニケーションスキル】

新人職員とのコミュニケーションスキル【講義・演習】

職員の動機づけ、能力開発、行動支援のために必要なコミュニケーション力の向上や工賃向上等の目標達成には不可欠なリーダーシップを独自な視点で十全できるレベルで実施します。

昨年度受講された方の声(アンケートより抜粋)

  • ■人材育成に関わったばかりで、現場でも迷うことが多いですが、まずは自分自身が成長しなければいけないのだと思いました。
  • ■人材育成についてどんなものかわからず、ほとんど知らない状態でしたので、研修でのお話を聞いて、良いこと、難しいなどと思うことと、いろんなことを感じることができて、とても充実した研修でした。

現場に飛び込んでくる新人職員をどのように「育成」をするか、そして育成担当の職員の方に期待される基本的役割を「理解」してもらうことが、研修の目的です。

◆日時:
平成27年3月10日(火)9:50〜16:30
◆会場:
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
◆定員:
30名
◆受講対象:
県内障害者就労施設新人育成担当、現場の指導監督的な役職の方
◆受講料:
無料
◆講師:
株式会社CNS代表 伊集院昭彦氏
(工賃向上計画有効性評価事業 主任評価員他)
◆持参するもの:
筆記用具
◆申し込み方法:
下記、申込書をFAX
◆申込先:
043-312-2943
◆主催:
千葉市社会福祉協議会


■2015/01/30【社会をたのしくする障害者メディア季刊誌「コトノネ」編集長の講演会】

障害者を愛する人よ、どこにいる? ─「障害者積極支援層」の調査から見えること」─ 季刊誌「コトノネ」は障害者が働く現場、そこから生まれる多様な商品の現状を伝える、これまでにない切り口の雑誌です。編集部が2012年6月に実施した調査では、「障害者のつくったものを買いたいですか」という設問に対して、「できるだけ購入したい」と答えた人が10.6%いました。「コトノネ」では、この10.6%の「積極支援層」がどんな人たちなのか、もっと詳しく知るための追跡編集を2014年4月に実施。その結果から見えてきたことを、編集長が熱く語ります。どうぞご参加ください。

◆開催日時:
2015年1月30日(金) 15:45〜17:45(受付15:30〜)
◆開催場所:
千葉市生涯学習センター3階 研究室1
千葉市中央区弁天3丁目7番7号(千葉駅北口徒歩8分)
◆講師:
里見 喜久夫さん(株式会社はたらくよろこびデザイン室代表取締役・「コトノネ」編集長)
◆参加費:
1,000円プラステキスト代(詳細は下記、申込書参照)
◆主催:
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
◆申込方法:
下記、申込書FAXまたは電話・メールにて申し込み
◆申込先(連絡先):
TEL 043-303-1688
FAX 043-303-1689


■2015/01/23【営業力強化セミナー】

営業力強化セミナー

◆日時・場所:
平成27年1月23日(金) 10:00〜16:00
全国社会福祉協議会 5階「第3・4会議室」
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

◆参加対象:
障害者就労支援事業所、都道府県社会福祉協議会、障害者就労支援に係る中間支援団体等の役職員
◆参加料金:
無料
◆申込方法:
下記、申込用紙をFAXにて
 
◆お問い合わせ先:
特定非営利活動法人日本セルプセンター事務局(担当:小林、吉留)
東京都新宿区新宿1-13-1 大橋御苑ビル別館2階
TEL 03-3355-8877
FAX 03-3355-7666


■2015/01/15〜16 【安心安全な商品製造販売のためのコンプライアンスセミナー】

安心安全な商品製造販売のためのコンプライアンスセミナー

◆参加費:
無料(事前申込制)
◆対象:
障害者就労支援事業所、都道府県社会福祉協議会、障害者就労支援に係る中間支援団体等の役職員
◆講師:
日本生活協同組合連合会 品質保証部
【食品関係】(定員50名)

◆平成27年1月15日(木) 10:00〜16:00
全国社会福祉協議会 5階「第6・7会議室」
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
【非食品関係】(定員50名)

◆平成27年1月16日(金) 10:00〜16:00
全国社会福祉協議会 5階「第6・7会議室」
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
【申し込み・お問い合わせ】

特定非営利活動法人日本セルプセンター事務局(担当:小林、吉留)
東京都新宿区新宿1-13-1 大橋御苑ビル別館2階
TEL 03-3355-8877
FAX 03-3355-7666


■2014/12/07【地活センター・就労支援事業所の問題を考える】

千葉県就労継続支援事業A型連絡協議会設立学習会 就労継続支援事業A型事業所のあるべき姿 クッキー売上

◆開催日時:
平成26年12月7日(日) 13:30〜16:30
◆開催場所:
千葉市美浜文化ホール会議室(4階)
千葉市美浜区真砂5-15-2
◆講師:
加藤 裕二氏(社会福祉法人オリーブの樹理事長)
◆参加費:
1,000円
◆主催:
きょうされん千葉
◆申込方法:
下記、詳細から申込用紙をダウンロードし、FAXまたはメールにて申し込み
◆申込先(連絡先):
きょうされん千葉支部(NPOトライアングル西千葉内)
FAX:043-206-7153
メール:申込書に記載


■2014/10/8 【就労継続支援事業A型事業所のあるべき姿】

千葉県就労継続支援事業A型連絡協議会設立学習会 就労継続支援事業A型事業所のあるべき姿 クッキー売上

◆開催日時:
平成26年10月8日(水) 午後3時15分〜
◆開催場所:
千葉市民会館3階 特別会議室2
千葉市中央区要町1-1(JR千葉駅より成田線に沿って徒歩5分)

◆講師:
社会福祉法人共生シンフォニー 「がんばカンパニー」
常務理事兼統括施設長 中崎ひとみ氏
がんばカンパニーのHPはこちらから
社会福祉法人の概要 法人本部:滋賀県大津市大将軍2−31−5 経営する施設:就労継続支援A型2ヵ所(ガンバカンパニー他1ヵ所 原因60人)、生活介護の多機能2ヵ所(定員30人×2)、自立支援事業1ヵ所、高齢者デイサービスセンター1ヵ所、障害者68人を雇用中
◆問合せ先:
オリーブハウス(TEL043-216-8211)
オリーブハウスのHPはこちらから


■2014/10/23〜2015/01/28【就労継続支援B型事業所等職員向け研修会】

就労継続支援B型事業所等職員向け研修会

就労継続支援B型事業所や、当該事業で働いている職員さんが最低限覚えておかなければならない障害者総合支援法及び基準条例等、就労支援事業会計について分かり易く解説し学んでいただくとともに、グループワークを通じ、就労継続支援B型事業所における利用者支援の向上及び工賃向上に役立てていただくことを目的とします。

主催:
千葉県健康福祉部障害福祉課
(特非)千葉県障害者就労事業振興センター

対象事業所:
県内就労継続支援B型事業所
対象者:
管理者、サービス管理責任者、職員、事務員
●実施内容(集合研修方式)
  1. @「障害者総合支援法及び基準条例の基礎」等(県)
  2. A「基礎的な就労支援事業会計の解説」及び「工賃実績を集計して見えてきた課題」(県)
  3. B「就労継続支援B型事業について」(グループワーク)
●詳細
◆日 時:
平成26年10月23日(木)〜平成27年1月28日(水)の期間
県内8カ所にて11回開催(詳細は【別紙@日程場所表】参照)
各回、13時〜16時30分(12時30分 受付開始)
◆場 所:
【別紙@日程場所表】参照
◆申 込:
千葉県及び千葉市、船橋市、柏市の各所管担当者から送付されてきたメールの【別紙A申込書】に記入の上、(特非)千葉県障害者就労事業振興センターまでメール添付にて申込
◆締 切:
各会場開催日の前月末日
◆問合せ:
千葉県障害者就労事業振興センター Tel : 043-202-5367


■2014/08/29 【「その人の存在価値がここにきちんとある」ことを伝えるモノづくり】 ※延期のため、再掲載

「招き猫マドレーヌ」で有名な岐阜県・第二いぶき施設長の講演会 「その人の存在価値がここにきちんとある」ことを伝えるモノづくり

岐阜市の作業所「第二いぶき」で2007年に誕生した「ねこの約束」。地元・飛騨産の希少なバターをふんだんに使い、8種類の「ご利益」も楽しい招き猫マドレーヌです。
さらにジャム、草木染め、手漉き和紙のブックカバーなど、重度障害のある人たちが作りだす商品にはそれぞれ物語があります。
季刊誌『社会を楽しくする障害者メディア【コトノネ】』9号でも紹介された、第二いぶき施設長・北川雄史さんを千葉にお招きしました。「大切なのは、その人の存在価値がここにきちんとある、ということだと思うんです」という北川さんの話が聞ける貴重な機会です。ぜひご参加ください。

◆日時:
8月29日(金)9時30分〜11時30分(受付9時10分〜)
◆場所:
千葉市生涯学習センター 3階 特別会議室 (千葉駅徒歩8分)
◆講師:
北川 雄史さん(社会福祉法人いぶき福祉会 第二いぶき施設長)
◆定員:
30名(先着順)
◆申込方法:
電話・FAX・メールにて(詳細は別紙にて)
◆参加費:
2,000円(当日払い2,500円)
詳しい内容と参加申込はこちらから(PDF 482 KB)
(日時と場所はHPが正しいですので、ご注意ください)


2014/09/12 【製菓・製パン個別相談会】※延期のため、再掲載

焼菓子、パンの品質と技術について専門家が個別に相談に応じます! 相談員:加藤晃先生

◆日時:
9月12日(金)10時〜17時(1事業所あたり30分)
◆対象:
障害者福祉事業所の職員
◆申込締切:
7月31日(金)(先着順)
◆申込方法:
別紙にてFAX
(7/11参加予定であった事業所は新たに申し込む必要はありません)
◆定員:
2事業所
◆相談料:
会員2,000円、非会員4,000円
◆場所:
千葉市民活動支援センター 談話室
千葉市中央区中央2−5−1 千葉中央ツインビル2号館9階
(千葉市文化センターのある建物です)


■2014/04/22 工賃向上「数字力」養成研修

経営者、管理者、就労担当、経理担当のみなさま対象 工賃向上『数字力』養成研修 工賃向上計画に必須の就労会計のしくみと、目標工賃・目標売上の計算方法を学びます

思い当たることはありませんか・・・
●数字が苦手なので、見て見ぬふりをしている
●会計報告の数字を見ても、いまひとつ意味がわからない
●この仕訳でいいのか、実は不安だ・・・

この研修では、就労会計の本質を確認し、就労会計の特長と目標工賃に必要な目標売上の計算方法を学びます。
目標の設定・計画の立案といった事業計画策定に必要な、事業所内の共通言語としての数字をつかむ力を養うことを目指します。

◆日時:
2014年4月22日(火)10時〜16時
◆会場:
千葉市男女共同参画センター2階 A1研修室
(千葉市中央区千葉寺町1208-2)
*公共交通機関をご利用ください。
◆参加費:
無料
◆対象者:
B型事業所の経営者、管理者、就労担当、経理担当
*就労担当と経理担当とご一緒にご参加いただけると効果的です。
◆プログラム:
  • 知ればスッキリ!「就労会計の基礎知識」
  • 利益ははどうしたら出る?「実践かんたん就労会計」
*電卓、筆記用具をお持ちください
◆申込締切・方法:
2014年4月17日(木) FAXにて
◆申込・問合せ先:
千葉県障害者就労事業振興センター
TEL:043-202-5367
FAX:043-202-5368


■2014/01/26「第6回地域づくりフォーラム〜千葉県条例 この宝どう活かす〜」

第6回地域づくりフォーラム 千葉県条例、この宝をどう活かす

◆日時:
平成26年1月26日(日)12時30分〜16時30分
◆会場:
千葉市蘇我勤労市民プラザ
◆参加費(資料代):
2000円、当事者・学生1000円
◆基調講演講師:
山田勝土氏
(千葉県健康福祉部障害福祉課課長)
◆申込締切:
平成26年1月15日(水) FAXにて
◆申込・問合せ先:
地域づくりフォーラム実行委員会事務局
(NPO法人ぽぴあ内)溝口・水田・森川
TEL:0438-60-7521
FAX:0438-60-7522


■2014/07/11 【「その人の存在価値がここにきちんとある」ことを伝えるモノづくり】

「招き猫マドレーヌ」で有名な岐阜県・第二いぶき施設長の講演会 「その人の存在価値がここにきちんとある」ことを伝えるモノづくり

岐阜市の作業所「第二いぶき」で2007年に誕生した「ねこの約束」。地元・飛騨産の希少なバターをふんだんに使い、8種類の「ご利益」も楽しい招き猫マドレーヌです。
さらにジャム、草木染め、手漉き和紙のブックカバーなど、重度障害のある人たちが作りだす商品にはそれぞれ物語があります。
季刊誌『社会を楽しくする障害者メディア【コトノネ】』9号でも紹介された、第二いぶき施設長・北川雄史さんを千葉にお招きしました。「大切なのは、その人の存在価値がここにきちんとある、ということだと思うんです」という北川さんの話が聞ける貴重な機会です。ぜひご参加ください。

◆日時:
7月11日(金)9時45分〜11時45分(受付9時20分〜)
◆場所:
千葉市ビジネス支援センター 会議室3
◆講師:
北川 雄史さん(社会福祉法人いぶき福祉会 第二いぶき施設長)
◆定員:
30名(先着順)
◆申込方法:
電話・FAX・メールにて(詳細は別紙にて)
◆参加費:
2,000円(当日払い2,500円)


■2014/07/11 【製菓・製パン個別相談会】

焼菓子、パンの品質と技術について専門家が個別に相談に応じます! 相談員:加藤晃先生

◆日時:
7月11日(金)10時〜17時(1事業所あたり30分)
◆対象:
障害者福祉事業所の職員
◆申込締切:
7月2日(先着順)
◆申込方法:
別紙にてFAX
◆定員:
10事業所
◆相談料:
会員2,000円、非会員4,000円
◆場所:
ちば市民活力創造プラザ 談話室
千葉市中央区中央2−5−1 千葉中央ツインビル2号館9階
(千葉市文化センターのある建物です)


■2014/01/20、21「コンプライアンスセミナー」

コンプライアンスセミナー

食品の誤表示、産地偽装等企業の不祥事が後を絶たず、企業の社会的責任が問われていますが、製品づくり・販売をしている障がい者就労支援事業所も例外ではなく、コンプライアンス違反などのリスク管理に努めなければいけません。そのためにも日々情報を収集し、体制を整えなければなりませんが、専門家でないと理解しにくい部分があるのも現状です。

そこで今回のセミナーでは下記の3点の法律を中心に、解説と今後の対応を説明いたします。

  1. 「食品表示法」の概要と今後の対応について
    ⇒2013年6月28日に公布
  2. 「家庭用品規制法」の改正検討内容と今後の対応について
    ⇒1〜2年の間に、改正予定
  3. 「知的財産権」の改正検討内容と今後の対応について
    ⇒TPPの重要案件として、現在各国で交渉中
◆内容:
【食品関係】
●食品表示法の概要
●商品の課題と取り組み
●その他の最新情報 等
【非食品関係】
●家庭用品規制法の改正検討内容
●商品の課題と取り組み
●その他の最新情報 等
◆対象:
障害福祉サービス事業所(就労継続A型、B型、就労移行、生活介護)・地域活動支援センター職員、他福祉関係職員
◆日時:
【食品関係】2014年1月20日(月)10時〜17時
【非食品関係】2014年1月21日(火)10時〜17時
◆会場:
(各日)全国社会福祉協議会(東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル)
◆定員:
(各日)40名 ※1団体1名まで
◆参加費:
無料
◆講師:
高田かおり氏
(株式会社消費経済研究所 コンサルタント部チーフディレクター)
◆申込締切:
2014年1月6日(月) FAXにて(定員になり次第、締切)
◆申込・問合せ先:
特定非営利活動法人日本セルプセンター事務局(担当:小林、吉留)
TEL:03-3355-8877
FAX:03-3355-7666
E-mail:center@selpjapan.net


■2013/12/09 新春商談会にむけて『効果的プレゼン学習会』

新春商談会に向けて、効果的プレゼン学習会。あなたもプレゼンの達人に!

◆講師:
風間英美子氏(有限会社キュベル代表)
のべ60以上の就労系事業所の年間研修を実施中
◆日時:
2013年12月9日(月)13時〜15時(受付12:30〜)
◆場所:
千葉県社会福祉センター3階会議室
◆定員:
30名
◆参加費:
3000円(但し、商談会参加事業所、千葉県セルプ協会員は無料)
◆学習内容:
・3分プレゼンのコツ 〜内容、トーク、パワーポイント〜
・ブースでの営業トークと営業資料
・ブースの使い方
・質疑応答
◆申込締切:
12月2日(月)
◆申込・問合せ先:
千葉県社会就労センター協議会(千葉県セルプ協)
総務委員会委員長 三須(桜が丘晴山苑施設長)
TEL.043-231-4321/FAX.043-231-4322


■空前の不況の中、請負仕事の停滞・減少を受けて、振興センターによる緊急企画!

【 福祉施設のための起業塾/自主製品開発に向けた短期集中講座 】
  • ◆ 請負仕事が急減している。このままでは、今までの工賃が維持できない。
  • ◆ 利用者の創意や力を引き出す自主製品づくりを始めたい。
  • ◆ 地域が必要としているものを生産し、地域に貢献する施設を目指したい。
  • ◆ 市場で通用する価値あるものを生産したい。
  • ◆ 自主製品づくり、経営のノウハウを身につけたい。
  • ◆ 参加費:無料(ただし、第2回の昼食代は自己負担)
第1回 ● 講義/売れる自主製品の開発
6月13日(土)
14:00〜16:30
テーマ:自主製品開発のポイント・経営上の課題
会場:美浜保健福祉センター/〒261-8581 千葉市美浜区真砂5丁目15番2号
講師:城西国際大学福祉総合学部 福田順子教授

 配布資料 売れる自主製品の開発(PDF 410 KB)

第2回 ● 実践事例施設見学会
6月16日(火)
10:30〜16:00
合:10:30 JR千葉駅東口
第1会場:まあるい広場(千葉市若葉区)/知的障害者授産施設
食:花まんま(千葉市稲毛区)/就労継続支援B型事業所
第2会場:オリーブハウス(千葉市稲毛区)/就労移行支援事業所

■「商品開発研究会」新会員募集

「商品開発研究会」は、城西国際大学生涯教育センターのご協力のもと、商品開発を目指す福祉施設・事業所の皆様の集まりです。
2010年度を迎え、新会員を募集します。
いっしょに知恵を絞り、いっしょに前に向かって進んで行きませんか。

  • ◆新規募集枠:5名
  • ◆日 程:原則として、毎月第3土曜日の午後2時〜4時
  • ◆会 場:城西国際大学生涯教育センター


■「売れる自主製品」の開発に向けた商品企画。アイデアを実践に移すにはどんなことが必要か。
城西国際大学 生涯教育センターとの共同企画。


  • ◆趣旨:福祉施設の関係者は、景気の影響や環境の変化の中で、商品開発に関する知恵を 模索されているのが現状です。起業塾で何かのヒントを得たい、きっかけを掴みたいと考えて参加された方々もいらっしゃるかもしれません。 そこで、これを機会に、真面目に商品開発について考え、実行に移す研究会を立ち上げたいと考えました。一方的に講義を聴くのでなく、自ら考え、自ら提案し、仲間たちと検討し、時に専門家のアドバイスを受けながら、そこから実践のスタートを切りませんか? とはいえ、そう簡単に商品開発ができるわけではありません。しかし、考え方のヒントを得たり、何かのきっかけになる可能性は大です。 商品開発に意欲的な福祉施設の関係者のご参加をお待ちします。
  •  
  • ◆日 程:7月〜11月 原則第3土曜日の午後
  • ◆会 場:城西国際大学 生涯教育センター 教室
  • 東金市求名(ぐみょう)1番地 電話 :0475-55-7685(直通)
  • 城西国際大学周辺地図画像
  • JR東金線求名(ぐみょう)駅下車、徒歩5分。
  • JIU直通シャトルバスもご利用できます。 シャトルバスの詳細はこちら
  •  
  • ◆会 費:1回 一人200円(光熱費やコピー代など実費)
  • ◆方 法:いくつかの方法を組み合わせる。
  • ・各自、自分の考える商品について構想と企画をプレゼンテーションする
  • ・参加者全員でそれについて質疑応答、ディスカッションする
  • ・欠落している部分や不備な部分について課題として次回に再挑戦する
  • ・アドバイザーからのアドバイスや考え方のヒントを得る
  • ・回数が進めば、本格的な商品化に向けての実践的な学びをする。
  • 例:商品コンセプト、素材調達、技術の難易度、最終形状、差別化価格設定、流通チャネル、販売促進など
  • ◆参加要件:・毎回、参加する(気持ちの)人
  • ・積極的に意見やアイディアを発表する人(受身に回らない人)
  • ・問題意識をもって、問題解決のために努力する人
  • ・失敗してもめげない人、前向きに考えられる人
  •  
  • ◆アドバイザー:福田順子氏(城西国際大学福祉総合学部教授)


 

NHKハート展

■2008/7/29〜8/3【千葉展】<終了しました>

振興センターでは、千葉三越店で開催される「NHKハート展」来場者記念品の製作を請け負っています。

振興センターから県内の福祉施設に記念品製作を呼びかけ、施設の方たちから多数の応募がありました。NHK千葉支局担当者、千葉三越担当者の方たちと話し合い、記念品を決定しました。

また、記念品を製作した施設の皆様にNHKハート展にお越しいただき、直接来場者の方たちに配布をしていただきました。中でも、体験教室では来場者の方たちに『教える立場』となることが、障害を持っている人たちにとって人生経験を豊かにすることができたのではないかと思います。

この記念品製作・配布という仕事は、応募された施設の皆さんにとっても、新製品を開発するという意識につながり、秋の販売シーズンにおいても売上向上につながるイベントとなっております。

2008年度 NHKハート展 記念品配布団体

10:00〜13:00 13:00〜16:00 関連イベント
7/29(火) あさひの丘 たぬき工房 アツキヨコンサート
@11:30〜、A14:00〜
7/30(水)おんりぃ1 セルプガーデンハウス 渡辺正行さんトークショー
14:00〜
7/31(木) まあるい広場 しおさい まあるい広場 紙漉き体験教室
10:30〜14:30(受付14:00まで)
8/1(金) ワークホーム笑顔 のぞみ わくわくさんのハートの工作ショー
@11:30〜、A14:00〜
8/2(土) こんぽーる ウィング 気象キャスター半井小絵さんトークショー
14:00〜
8/3(日) 千葉市亥鼻福祉作業所 木更津市あけぼの園 千葉市亥鼻福祉作業所型染め体験教室
10:30〜14:30(受付14:00まで)

▲ページトップへ

 

■2013/11/13、14 福祉施設職員対象【福祉施設職員研修『中堅職員対象・キャリアパス対応研修』】

■2013/11/13、14 福祉施設職員対象【福祉施設職員研修『中堅職員対象・キャリアパス対応研修』】

▽日時/
2013年11月13日(水)10:00〜17:00
14日(木)10:00〜17:00
(両日とも受付9:30〜)
▽会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
▽募集定員/
30名
▽受講資格/
福祉施設において2年以上の職務経験のある方
▽受講料/
1000円
▽持参するもの/
筆記用具
▽別紙『研修受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送ください。
▽申込期限/
平成25年10月7日(月) 12:00
▽決定通知/
平成25年10月8日(火) 15:00〜
※定員を超えた場合は抽選となりますのでご了承ください。


■2013/11/05、06 福祉施設職員対象【福祉施設監督者研修『キャリアパス対応研修』】

福祉施設職員対象【福祉施設監督者研修『キャリアパス対応研修』】

▽日時/
2013年11月5日(火)10:00〜17:00
6日(水)10:00〜17:00
(両日とも受付9:30〜)
▽会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
▽募集定員/
30名
▽受講資格/
福祉施設において係長・主任等の役職に就かれている方
▽受講料/
1000円
▽持参するもの/
筆記用具
▽別紙『研修受講申込書』に必要事項を記入し、下記申込期限までにFAXもしくはご郵送ください。
▽申込期限/
平成25年9月30日(月) 12:00
▽決定通知/
平成25年10月1日(火) 15:00〜
※定員を超えた場合は抽選となりますのでご了承ください。


■ 2013/9/20【「施設長の羅針盤〜社会福祉法人光明会の実践から〜」 「『就職するなら明朗塾』の実践から考える」 「キャリアパスに基づく人材確保・定着・育成の進め方」】

平成25年トップセミナー タイトル画像

【研修のねらい】

職員のキャリアデザインに取り組んでいる先進的法人である「社会福祉法人光明会」の取り組みを知り、人材の確保・定着・育成の参考としていただくことを目的としております。

また、今年度より千葉市社会福祉研修センターで行う福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程の中心講師として、また、「社会福祉法人光明会 就職するなら明朗塾」のスタッフ研修を多く実施している立場から、その取り組みの成果、また、組織における職員の進路・道筋を形成する意義とその進め方についてお話しいただきます。 

▽日時/
2013年9月20日(金)13:20〜17:00
(受付13:00〜)
▽会場/
千葉市社会福祉研修センター研修室
(千葉市ハーモニープラザB棟2階)
▽募集定員/
30名
▽受講資格/
市内福祉施設・事業所の法人役員他
▽受講料/
無料
▽持参するもの/
筆記用具
▽申込期限/
平成25年9月6日(金)


■ 2013/8/6、30 【法人運営のリスク管理講座】

法人運営のリスク管理講座の画像

NPO法人や社会福祉法人の事業や活動が常に順調に進むとは限りません。思わぬ事故やトラブルが起きた時、どう対応するかで団体の力量が問われます。
現場に詳しい専門家が、具体的な事例を通してリスク対応力をつけるポイントをお教えします。

○我孫子会場
◆日時・場所:
8月6日 (火) 13:30〜16:30
けやきプラザ7階 (千葉県福祉ふれあいプラザ研修室)
○印西会場
◆日時・場所:
8月30日(金) 13:30〜16:30
印西市市民活動支援センター 活動室
○各会場共通
◆内容:
・リスクに関する法人の責任、理事の責任
・ボランティア活動中の事故
・雇用に関する留意点
・理事・ボランティアと労働法
◆講師:
石井敏則氏 (社会保険労務士・NPOクラブ理事)
◆定員:
30名
◆受講料:
3,000円(振興センター会員1,500円)


■ 2013/8/21、23 【NPO法人の税務】

NPO法人の税務の画像

事業内容や事業規模によっては、消費税や所得税を払う必要があります。今から、税務についての基本的な知識、手続きについて学べば、年度末にあわてずにすみます。

○我孫子会場
◆日時・場所:
8月21日(水) 13:30〜16:30
我孫子けやきプラザ7階 (千葉県福祉ふれあいプラザ研修室)
○印西会場
◆日時・場所:
8月23日(金) 13:30〜16:30
印西市市民活動支援センター 活動室
○各会場共通
◆内容:
①収益事業、非収益事業の区分
②謝金や給与の源泉預かりについて
③法人税、消費税について
◆講師:
加藤達郎氏 (税理士)
◆定員:
30名
◆受講料:
3,000円(印西会場は印西市の団体は2500円)


■ 2013/8/26、27、28 【今、知りたいソーシャルメディア】

今、知りたいソーシャルメディアの画像

NPOや市民活動団体のイベント情報や活動内容をより多くの人に伝え、つながることができるFacebookやブログ。その効果的な活用方法を学びます。

○千葉会場
◆日時・場所:
8月26日(月) 13:30〜16:30
千葉市ビジネス支援センター 会議室4階(きぼーる15階)
○印西会場
◆日時・場所:
8月27日(火) 13:30〜16:30
印西市市民活動支援センター(中央駅前地域交流館2号館)
○我孫子会場
◆日時・場所:
8月28日(水) 13:30〜16:30
我孫子けやきプラザ7階 (千葉県福祉ふれあいプラザ研修室)
○各会場共通
◆内容:
・ソーシャルメディアについて
・Facebookってなに?
・市民活動団体の情報発信について
・Facebookやブログを使うことのメリット、デメリット
◆講師:
山田泰久氏 (日本財団CANPAN、日本ソーシャルブログ協会会長)
◆定員:
30名
◆受講料:
2,000円(印西会場は印西市の団体は1500円)
◆当日パソコン操作は行いません。


■2013/7/12【製菓・製パン個別相談会】

焼き菓子、パンの<品質と技術>について専門家が個別に相談に応じます! 相談員:加藤晃先生

残りあと僅か! 締切は7月3日(水)
◆対 象:
障害者福祉事業所の職員
◆定 員:
10事業所
◆相談料:
会員2,000円、非会員4,000円
◆日 時:
12日(金)10:00〜17:00の間 (1事業所当たり30分間)
◆場 所:
千葉市民会館 第3会議室
〒260-0017千葉市中央区要町1-1
千葉市民会館への地図画像


■2013/5/12【きょうされん千葉支部学習会】

〜障害者総合支援法をよりよいものにするために〜

きょうされん千葉支部長 加藤裕二

春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

日頃より、大変お世話になっております。

さて、きょうされん千葉支部は結成して6年目を迎え、2013年度千葉支部総会を開催します。総会を記念して、下記のような障害者制度改革についての学習会を併せて行うこととなりました。

つきましては、ぜひ総会・学習会に参加頂き、ご意見ご教示をいただきたく、よろしくお願いいたします。

◆日時:
5月12日(日)13:00〜14:30
◆場所:
千葉市生涯学習センター大研修室
(〒260-0045 千葉市中央区弁天3-7-7 TEL:043-207-5811
JR千葉駅東口または北口から徒歩8分 千葉都市モノレール「千葉公園駅」から徒歩5分)
◆テーマ:
「障害者総合支援法をよりよいものにするために」−3年後の見直しに向けての課題やその方向性について
◆講師:
赤松英知氏(きょうされん常任理事)

連絡先:〒263-0043 千葉市稲毛区小仲台2-6-1京成稲毛ビル205
NPO法人トライアングル西千葉内
きょうされん千葉事務局(TEL:043-206-7101)


■2013/2/23【明日を拓く福祉ショップ「稼げるお店を目指すネットワークづくり」】

〜開催のご案内〜

私たち朋ボランティアグループでは、障害のある人たちの社会参加を支援するため、鎌倉にて福祉ショップ朋を運営するほか、福祉ショップ・就労支援施設の皆さんと橋渡しをする「福祉ショップの集い」を毎年開催しています。昨年は11月23日千葉市にて社会福祉法人オリーブの樹と共催で実施しました。今回は「稼げるお店を目指すネットワークづくり」というテーマで、来たる2月23日に、神奈川県藤沢市の観光名所として知られる江の島にて下記の要領で開催致します。

今回は、前回の「福祉ショップin千葉」で討議された内容をテーマに、参加者全員が議論を深められるよう分科会形式として、施設・ショップそれぞれの立場で販売拡大のための具体的課題や方法を話し合い、学びあいます。もちろん、前回参加されていない方もご参加いただける内容になっています。

また、毎回好評の施設とショップが参加する福祉製品販売拡大商談会も行います。参加された方々が多くの収穫を持ち帰れるよう企画していますので、奮ってご参加ください。

≪全国福祉ショップネットワーク≫

◆テーマ:
「稼げるお店を目指すネットワークづくり」
◆日 時:
2月23日(土)10時〜19時
◆場 所:
かながわ女性センター(神奈川県藤沢市)2階 第1、2会議室
◆定 員:
50人
◆参加費:
資料代としておひとり1,000円(障害者・介助者は半額)
◆懇親会費:
おひとり3,000円

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 1.26 MB)


■【就労継続支援従事者(管理者・職員)研修『就労継続支援B型は、「訓練」なのか、「就労」なのか?』】

就労継続支援B型は、「訓練」なのか、「就労」なのか? 工賃向上?マネジメント?制度?…どこにどう軸足をおいて支援すべきかを考える

障害者自立支援法の施行によって、授産施設(現:就労継続支援B型事業所)のあり方は大きく変化してきました。しかし、支援の現場は変化に戸惑い、何をすべきか、何を目指すべきかに迷っていることが多いのではないでしょうか。
実際に、全国1000件のB型事業所の施設長と職員それぞれに対して、アンケート調査を行った結果からも、戸惑いがあることが分かりました。そして、その戸惑いの原因は「福祉(支援する)」と「利益(工賃向上のために稼ぐ)」という2つの軸が混在しているからではないかと考えました。
そこで、今回の研修は「福祉」と「利益」の2つにフォーカスし、様々な側面からB型事業所のあり方についてを一緒に考える機会を設けました。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

◆基調講演:「経済学からみたB型事業所の役割を考える」

講師:慶応義塾大学 教授 中島隆信氏

1960年神奈川県横須賀市生まれ。83年慶應義塾大学経済学部卒。同大学商学部助手、助教授を経て01年より同大学商学部教授。商学博士。その間、財務省、経済産業省で客員研究官、内閣府で統計委員会担当室長を務める。一見すると経済学とは縁遠い分野を経済学的視点から分析する仕事を続けている。
著書に『大相撲の経済学』、『障害者の経済学』(ともに東洋経済新報社)、『刑務所の経済学』(PHP研究所)など多数。

◆基調講演:「障がい者就労関連制度の移り変わりとこれからのB型事業所のあり方」

講師:埼玉県立大学 教授 朝日雅也氏

埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉学科教授。障害者の職業リハビリテーション、就業支援等が専門。福祉施設と一般企業等での就労をいかに結び付けていくか等について研究活動を行い、単に就労移行支援にとどまらず、障害のある人の尊厳ある働き方を追究している。
埼玉県障害者施策推進協議会会長、日本職業リハビリテーション学会会長などの委員等も務める。

◆開催日:
2/1(金)2/22(金)3/5(火)の全3回
◆会場:
日本青年館ホテル504会議室
(3月5日午前の管理者研修のみ、地下1階CR会議室)
東京都新宿区霞ヶ丘7番1号
・交通:JR中央・総武線 千駄ヶ谷・信濃町駅より徒歩9分、地下鉄銀座線 外苑前駅より徒歩7分
◆対象:
就労継続支援B型事業所の管理者・職員。障がい者の就労支援関係者
(原則として、全3回を受講できる方)
◆定員:
B型事業所管理者研修50名・B型事業所職員研修50名
(先着各50名になり次第、締め切ります)
◆受講料:
無料
◆プログラム:
http://www.npo-cw.net/wam/
◆内容:
○第1回研修 2月1日(金)
時間 対象 研修内容
10:00〜12:00 共通 講演「B型で働く人たちは現状をどう思っているのか?
〜全国B型事業所のアンケート調査結果を大公開」
・株式会社テミル 代表取締役 船谷博生氏
・株式会社テミル プロジェクトマネージャー 中尾文香氏
13:30〜15:30 共通 基調講演「経済学からみたB型事業所の役割を考える」
・慶應義塾大学 教授 中島隆信氏
○第2回研修 2月22日(金)
時間 対象 研修内容
10:00〜12:00 共通 基調講演「障がい者就労関連制度の移り変わりとこれからのB型事業所のあり方」
・埼玉県立大学 教授 朝日雅也氏
13:30〜14:15 共通 交流会(名刺をご持参ください)
14:30〜16:30 共通 講演「授産品開発にマーケティングやブランディングの視点を取り入れる」
・株式会社電通 ソーシャルソリューション局 海野智洋氏
○第3回研修 3月5日(火)
時間 対象 研修内容
10:00〜12:00 管理者 講演「福祉と利益を両立させる管理者が目指すべきガバナンス」
・社会福祉法人北摂杉の子会 常務理事 松上利男氏
10:00〜12:00 職員 対談「現場が抱えるジレンマ〜福祉を取るか利益を取るか」
・NPO法人エクスクラメーションスタイル 理事長 吉野智和氏
・NPO法人コミュニティワークス 理事長 筒井啓介
13:30〜15:30 共通 パネルディスカッション「B型事業所は訓練なのか?就労なのか?」
[パネラー]
・社会福祉法人北摂杉の子会 常務理事 松上利男氏
・NPO法人エクスクラメーションスタイル 理事長 吉野智和氏
・NPO法人コミュニティワークス 理事長 筒井啓介
[コーディネーター]
・株式会社テミル 代表取締役 船谷博生氏
◆お申込み方法
下記のホームページからお申込み下さい。
http://www.npo-cw.net/wam/
(チラシ裏面の申込書にご記入の上、FAXでも可能です。)
◆主催・お問い合わせ先
特定非営利活動法人コミュニティワークス
〒292-0804 千葉県木更津市文京6-4-4
TEL:0438-20-3326(地域作業所hana 10時〜18時)
FAX:0438-20-3327 メール:info@npo-cw.net
◆協力
社会福祉法人北摂杉の子会/特定非営利活動法人エクスクラメーションスタイル/株式会社テミル


■2013/1/20【シンポジウム「障がいのある人が地域で暮らすためにin多古」】

◆開催日時:
平成25年1月20日(日)受付12:30〜 入場無料
13:00 開会
13:30 基調講演
14:30 パネルディスカッション
16:00 閉会
◆基調講演:
「障がいのある人が地域で生活するために」
講師 大屋 滋 氏(千葉県自閉症協会会長/NPO法人あおぞら理事長/旭中央病院脳神経外科部長)
◆パネルディスカッション
障がいのある人も生きがいをもって
〜この町で、学び、働き、笑顔で生きるために〜
【パネリスト】
◇講演講師/大屋 滋 氏
◇学校関係/西村 則子 氏(八日市場特別支援学校教頭)
◇福祉法人/藤ア 明 氏(ひかり学園総合施設長)
◇町行政/多古町保健福祉課
◆場所:
多古町コミュニティプラザ3階多目的ホール
多古町コミュニティプラザ3階多目的ホール
◆主催:
スマイルバスの会
(特別支援学校在校生・卒業生保護者の集い)
◆共催:
東総地区自閉症協会・NPOコスモスの花
◆後援:
千葉県自閉症協会


■NPO融資活用塾

千葉県24年度県民活動促進事業
< テーマ >

財務・会計の理解、銀行とのつきあい方

経営の結果は貸借対照表に現れる?いったいどこを見ればいいのでしょう。簿記の知識がなくてもできる自己診断。財務諸表の基本的な読み方や、NPOの財務管理のポイントを押さえます。

税理士によるNPO会計の解説&事業計画作成の勧め
  • 「収支計算書」から「活動計算書」になってどこが変わったのか
  • 損益と収支は違う
  • 減価償却のしくみ
  • NPOに必要な「経営者的思考」
  • 資金調達が必要になったときに慌てないよう、今からできること
  • 事業計画、予算計画
BS解体新書
  • 貸借対照表を初歩から理解しよう
  • 借金を返すと儲かる? 損をする?
< NPOの資金調達事例紹介者 >
小田知宏氏:
「NPO法人発達わんぱく会」(浦安市)理事長
発達障害の早期発見・早期療育を目的とし幼児教室を運営。現在3か所目開設準備中。開業1年半で2,255万円の助成金、1,800万円の外部融資を集めた経緯、事前準備から今日に至るまでのご苦労と成長のプロセスをお話ししていただきます。
岩波則康氏:
「特定非営利活動法人せっけんの街」(柏市)理事
昭和60年に全国で始めてのリサイクルせっけん工場を完成させ、今日に至るまで環境・街づくりへと多彩な活動を展開されています。活動の歴史と様々な資金調達の経験を伺います。
市野敬介氏:
「特定非営利活動法人 企業教育研究会」(千葉市)理事・事務局長
企業のCSR部門と連携し全国の小中学校などへの出張授業を行う(読売新聞、SONY、日本ハム、IBMほか多数)。設立は2003年。小規模な予算からスタートし、融資などを利用しながら堅実に業績を伸ばしてこられた経緯を伺います。NPOの資金調達事例紹介。
関口幸一氏:
「特定非営利活動法人ぽぴあ」(袖ケ浦市)理事長
知的障害者の家族が中核になって平成14年に結成。訓練支援、就労支援、日中活動支援、居宅介護など様々な事業を展開し、グループホームは19か所にのぼる。平成24年には障害者が働くスーパーマーケットを市内にオープン(100%子会社による運営)。銀行とどのように付き合い、資金需要をどのように乗り越えてこられたのかお話しいただきます。
◆東葛地区第2弾
日時:
平成24年11月13日(火) 14:00〜16:00
会場:
千葉県福祉ふれあいプラザ(けやきプラザ)7階介護実習室
我孫子市本町3-1-2(JR我孫子駅南口徒歩1分)
テーマ
  1. 税理士によるNPO会計の解説 & 事業計画作成の勧め
    講師:税理士 林 孝行(林孝行税理士事務所)
  2. 情報・意見交換

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 422 KB)

◆葛南地区第3弾
日時:
平成24年11月15日(木) 14:00〜16:00
会場:
特定非営利活動法人ほっとハート
市川市新田5‐14‐11(JR市川駅北口徒歩5分)
テーマ
  1. BS解体新書
  2. NPOの資金調達事例紹介
    発表者:関口幸一氏「特定非営利活動法人ぽぴあ」(袖ケ浦市)理事長
  3. 情報・意見交換

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 363 KB)

◆千葉地区第2弾
日時:
平成24年11月27日(火) 14:00〜16:00
会場:
千葉市生涯学習センター 研修室1
千葉市中央区弁天3-7-7(JR千葉駅東口または北口から徒歩8分)
テーマ
  1. 税理士によるNPO会計の解説 & 事業計画作成の勧め
    講師:公認会計士・税理士 泉登茂子(泉登茂子公認会計士税理士事務所)
  2. 情報・意見交換

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 398 KB)

◆房総地区第2弾
日時:
平成24年12月4日(火) 14:00〜16:00
会場:
千葉市中央区弁天3-7-7(JR千葉駅東口または北口から徒歩8分)
テーマ
  1. 税理士によるNPO会計の解説 & 事業計画作成の勧め
    講師:税理士 岩田聡子(岩田聡子税理士事務所)
  2. 情報・意見交換

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 398 KB)

◆東葛地区第3弾
日時:
平成24年12月6日(木) 14:00〜16:00
会場:
千葉県福祉ふれあいプラザ(けやきプラザ)7階研修室
我孫子市本町3-1-2(JR我孫子駅南口徒歩1分)
テーマ
  1. BS解体新書
  2. NPOの資金調達事例紹介
    発表者:関口幸一氏「特定非営利活動法人ぽぴあ」(袖ケ浦市)理事長
  3. 情報・意見交換

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 368 KB)

◆千葉地区第3弾
日時:
平成24年12月17日(月) 14:00〜16:00
会場:
千葉市生涯学習センター 研修室2
千葉市中央区弁天3-7-7(JR千葉駅東口または北口から徒歩8分)
テーマ
  1. NPOの資金調達事例紹介
    発表者:小田知宏氏「NPO法人発達わんぱく会」(浦安市)理事長
  2. BS解体新書
  3. 情報・意見交換

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 391 KB)

◆実施団体(お問合せ先):NPO法人ACOBA

我孫子市本町3-7-10
TEL:04-7181-9701 FAX:04-7185-2241


■2012/11/16【製菓製パン講習会≪アドバンスコース≫】

パンづくりイメージ画像

昨年11月の製菓講習会受講者の方、または製菓、製パン3年以上経験のある方を対象としたアドバンスコースです。
今回は焼き菓子、パンの食材を取り扱う大倉物産の研修ルームで開催します。更なるレベルアップを目指したい、収益事業として売上を伸ばしたいとお考えの事業所の皆様、是非ご参加ください。

◆日時:
11月 16日(金) 9:30〜17:00
◆会場:
大倉物産(株) event_バックアップ研修ルーム
(千葉市花見川区三角町657-14)
車:東関道千葉北ICから3分(駐車場あり)
バス:JR稲毛駅北口からこてはし団地行きで犢橋高校入口下車徒歩6分、JR新検見川駅北口から草野車庫行きで犢橋中学校
地図画像
◆講師:
加藤 晃 氏
国際フード製菓専門学校、小麦塾、パナデリア等講師等歴任。授産施設、障害者施設のお菓子・パンの技術指導(50施設以上)
◆対象:
現在製菓製パン事業を行っている事業所
・これまでに振興センター主催の製菓講習会受講者の方
・製菓、製パンの経験が3年以上ある事業所職員の方
◆定員:
20名
※申し込み順で受け付けます。ただし定員を超えて申込があった場合は、製菓を工賃支払いのための収益事業に位置づけている事業所を優先します。また、1事業所からの参加者を制限させていただく場合があります。
◆参加費
振興センター 会員事業所 :1,000円 + 昼食代500円
  〃    非会員事業所:2,000円 + 昼食代500円
※昼食は前日仕込んだフランスパンの成形、焼き上げとスープ、サラダづくりを参加者で行います。
◆講習内容
・食パン(天然酵母使用)、カンパーニュ、シュトーレンの製造指導
・各事業所商品のアドバイス(製品、レシピをご持参下さい)
・オーバーナイト発酵のフランスパンの成形、焼き上げ(昼食)


■2012/11/9【製菓製パン講習会≪ベーシックコース≫】

パンづくりイメージ画像

パン、焼き菓子の製造技術向上と新商品開発を目指した講習会を本年も下記のとおり開催いたします。受講者の方は講習後も引き続き講師とのメールアドバイスを受けることができます。今回は焼き菓子、パンの食材を取り扱う大倉物産の研修ルームで開催します。更なるレベルアップを目指したい、収益事業として売上を伸ばしたいとお考えの事業所の皆様、是非ご参加ください。

◆日時:
11月 9日(金)  9:30〜17:00
◆会場:
大倉物産梶@研修ルーム
(千葉市花見川区三角町657-14)
車:東関道千葉北ICから3分(駐車場あり)
バス:JR稲毛駅北口からこてはし団地行きで犢橋高校入口下車徒歩6分、JR新検見川駅北口から草野車庫行きで犢橋中学校
地図画像
◆講師:
加藤 晃 氏
国際フード製菓専門学校、小麦塾、パナデリア等講師等歴任。授産施設、障害者施設のお菓子・パンの技術指導(50施設以上)
◆対象:
現在製菓製パン事業を行っている事業所
※昨年11月に開催した製菓講習会受講者の皆さんは、11月16日(金)に開催する製菓講習会《アドバンスコース》への参加をお願いします。
◆定員:
20名
※申し込み順で受け付けます。ただし定員を超えて申込があった場合は、製菓を工賃支払いのための収益事業に位置づけている事業所を優先します。また、1事業所からの参加者を制限させていただく場合があります。
◆参加費
振興センター 会員事業所 :1,000円 + 昼食代500円
  〃    非会員事業所:2,000円 + 昼食代500円
※昼食は前日仕込んだフランスパンの成形、焼き上げとスープ、サラダづくりを参加者で行います。
◆講習内容
・スコーン、食パン、クッキー(クリスマスバージョン)の製造指導
・各事業所商品のアドバイス(製品、レシピをご持参下さい)
・オーバーナイト発酵のフランスパンの成形、焼き上げ(昼食)


■2012/11/6【一般就労・工賃アップへの取り組み】

平成24年度関東社会就労センター協議会・研修会
〜利用者の意欲を上げる!事業所の特色を活かす!その先駆的事例から学ぼう!!〜

◆趣旨:
関東社会就労センター協議会が企画する「平成24年度研修会シリーズ」の第二弾です。今回は、就労移行・継続支援の現場に携わる皆さんを対象とした研修会を企画しました。就労移行支援では、担当者の知識経験や受け入れ側である企業等の理解促進が重要視され、その結果、ジョブコーチ支援、法定雇用率など社会を動かす基盤は十分とは言えないまでも整備が進んできています。また、就労継続支援では、平成25年4月から優先調達推進法が施行されることで多くの官公需・民需が期待されることとなり、各都県でも共同受発注の取り組みはセルプセンターを中心として準備されつつあります。しかし、法律や制度が用意されても、個々の事業所が「利用者自身のモチベーション向上・意欲喚起」を生み出し、「個々の事業所の特色(長所・個性)を活かしたビジネスモデル」を構築していかなければ、利用者の一般就労や工賃アップに結びついていくことは困難です。この研修会では、関東ブロック内でも実績の高い事業所の事例を通して「利用者自身のモチベーション向上・意欲喚起」を図り、「個々の事業所の特色(強み・個性)」を活かすための方法を考えます。利用者と事業所の持つ可能性を引き出し、今までの仕事への取り組み方を大きく変えようではありませんか。先着限定100名の定員ですが、一般就労・工賃アップを目指して、利用者とともに日々努力しておられる現場職員、管理者の方は是非ともお申し込みください。
◆主催:
関東社会就労センター協議会
◆協力:
公益財団法人日本財団
◆日時:
平成24年11月6日(火)10:00〜15:45
◆会場:
日本財団ビル 2階 大会議室(東京都港区赤坂1丁目2番2号 )
日本財団ビルへの地図
  • ○地下鉄銀座線「虎ノ門駅」
    • 3番出口より徒歩5分。出口より前方、歩道橋の向こうに日本財団の看板が見えます。
  • ○地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」
    • 9番出口より徒歩5分。外堀通りを虎ノ門方面へ直進右手ガソリンスタンドの先の8階建てのビルです。
  • ○地下鉄丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」
    • 3番出口より徒歩6分。国会記者会館を左折、内閣府下の交差点を越え、外堀通りを渡った正面の8階建てのビルです。
◆募集:
定員 100名(先着順)(※研修の性格上、限定します)
対象 就労移行支援・就労継続支援に関わる職員(管理者含む)
◆参加負担金:
3,000円(昼食・お茶付き は別途850円)


■2012/10/19【実務者のための食品表示対策セミナー】

この度、日本セルプセンター様との共催で、「実務者のための食品表示対策セミナー」を実施致します。本セミナーは、株式会社消費経済研究所様のご協力の下、食品表示検定中級試験の合格を目指す方のために企画された講座です。受験の計画的な学習をサポートし、受験前に復習として問題を解きながら、自らテキストの1章から6章までの内容の習熟度を確認出来る構成となっています。
また、受験予定の方でも、食品表示に対する基礎知識を短期間で身につけて頂くことができる内容となっていますので、是非、この機会に食品表示に対する知識を深めて頂ければと存じます。

◆主催:
特定非営利活動法人日本セルプセンター
特定非営利活動法人千葉県障害者就労事業振興センター
◆協力:
株式会社消費経済研究所
◆講師:
食品表示検定協会 認定講師
◆日時:
平成24年10月19日(金)10時00分〜17時00分
◆場所:
全国社会福祉協議会 5階 第6・7会議室 (東京都千代田区霞が関3-3-2)
◆受講料:
@「新版 食品表示検定 認定テキスト・中級」無し:5,000円(税込)
A「新版 食品表示検定 認定テキスト・中級」付き:7,000円(税込)
(テキスト付きの場合、セミナー時にお渡ししますが、希望される方は事前送付も可能です。申込書の通信欄にご記入ください。)
◆申込締切:
平成24年10月5日(金)
◆問い合わせ先:
特定非営利活動法人日本セルプセンター事務局
東京都新宿区新宿1-13-1大橋御苑駅ビル別館2階
電話:03-3355-8877 FAX:03-3355-7666


■2012/10/1【『工賃向上計画を達成するために』 B型事業所管理者研修会】

今般、「千葉県工賃向上計画」に沿い、各B型事業所が策定した目標達成を支援するための管理者向け研修会を下記の通り開催致します。

◆日時:
10月1日(月)14:00〜16:00(受付・入場13:30〜)
◆会場:
千葉県文書館 6F多目的ホール
〒260-0013 千葉市中央区中央4-15-7   会場案内図(PDF 86.0 KB)
◆主催:
千葉県、千葉県障害者就労事業振興センター 共催
◆内容:
1.千葉県工賃向上計画について:障害福祉課
2.支援施策紹介
2-1.経営力強化支援事業:千葉県障害者就労事業振興センター
2-2.工賃向上計画の有効性評価の観点:評価調査員(株式会社CNS代表 伊集院昭彦 氏)
3.講演:工賃向上計画を達成するために必要なこと
<演題>:
稼げる作業所への道
〜しくみや組織を変えると考え方や行動が変わる〜
<講師>:
有富慶二 氏 ヤマト福祉財団理事長
講師略歴
昭和38年 大和運輸株式会社(現ヤマト運輸株式会社)入社
平成 9年 同社代表取締役社長
平成15年 同社代表取締役会長
平成17年 ヤマトホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長
平成20年 公益財団法人ヤマト福祉財団 理事長(現職)
平成23年 ヤマトホールディングス株式会社相談役(現職)
平成24年公益社団法人経済同友会 監査役(現職)
◆対象者:
各就労継続支援B型事業所(政令中核市所在含む) 管理者1名のみ
◆持ち物:
千葉県工賃向上計画
(8月31日付障第1874号で送付済み、政令中核市所在は政令中核市より送付済み)
◆参加費:
無料
◆問合せ先:
千葉県障害者就労事業振興センター TEL 043-202-5367 桜井、有村


■障害のある方のためのe-ラーニングによる職業訓練の受講生募集

この訓練は、千葉県が、職業能力開発施設への通所が困難な重度の障害がある方等に対し、インターネットを活用した教育訓練手法(e-ラーニング)により、IT技能等を習得していただき、在宅就業等の促進を図るため、e-ラーニングのノウハウを所有する民間教育訓練機関に委託して実施する公共職業訓練です。

◆対象者:
身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、高次脳機能障害等のある方で原則(1)〜(4)をすべて満たす方。
(1)職業能力開発施設への通所が困難な重度の障害のある方等で、千葉県内在住の方
(2)公共職業安定所に求職申込みされている方
(3)訓練開始日において65歳未満の方
(4)全期間の訓練受講が可能な方

◆受講条件、訓練内容、訓練実施方法、受講期間、申込み方法、費用等詳細はこちらへ→ 障害のある方のためのe-ラーニングによる職業訓練の受講生募集


■2012/10/18【就労支援施設等職員の営業力強化セミナー】

自立した施設運営のためには営業力の強化が不可欠です。競争力のある、独自のビジネスモデル及び組織力(営業体制を含む)を生み出すためには、階層別の営業力強化トレーニングが必要です。その基礎となる施設で働く職員の営業に対する苦手意識を改善し、積極的に取り組む姿勢を身につけられるよう実践的なレベルアップやマネジメント力、戦略展開などを学ぶ事により、継続的な成長を可能にする基礎づくりを行います。

【初級コース】

営業担当者として必要なスキル及び意識、マナーについて具体的に学びます。営業に関する苦手意識を払しょくし、自信を持ってアプローチできるようにするためにセルフチェックによる自己診断と、ロールプレイによる実践トレーニングを行います。「何を」「どのように」実行すればお客様に喜んでいただけるのかを知ることで、積極的な取組姿勢と効果的なノウハウを身につけることを目的とします。

◆講師:
横田 雅俊 氏(株式会社カーナープロダクト代表取締役)
プロフィール:
長野県生まれ。工学部にて設計を専攻。設計士として活躍。その後、外資系ISO審査機関にて営業職を経験。「最年少」「最短」「最高」記録を更新し、世界2,300人のトップセールスとして、東京本社マネージャーに就任。3年で同機関を日本有数のISO審査登録機関へ(単年度登録研修日本bP)と急成長させる原動力として活躍。株式会社カーナープロダクト設立。代表取締役就任。現在に至る。
◆会場:
全国社会福祉協議会5階 第6・7会議室
(東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞ヶ関ビル)
◆日程:
10月18日(木)10:00〜16:00(開場9:45)
◆対象:
初級コース/営業経験通算3年未満の方(営業未経験者も可)
◆定員:
50名
◆参加費:
無料
◆主催:
特定非営利活動法人日本セルプセンター

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 2.43 MB)


■NPO融資活用塾

NPO融資活用塾の画像
< テーマ >
1.財務・会計の理解、銀行とのつきあい方
経営の結果は貸借対照表に現れる?いったいどこを見ればいいのでしょう。簿記の知識がなくてもできる自己診断。財務諸表の基本的な読み方や、NPOの座手無管理のポイントを押さえます。また、銀行は決算書の「どこを見るのか」元都市銀行支店長が解説します。
2.NPOの資金調達事例紹介
発表者:
【千葉】市野敬介氏「NPO法人企業教育研究会」(千葉市)理事・事務局長
葉市)理事・事務局長企業のCSR部門と連携し全国の小中学校などへ出張授業を行う(読売新聞、SONY、日本ハム、IBM他多数)。小規模な予算からスタートし、融資などを利用しながら堅実に業績を伸ばしてこられた経緯を伺います。
【茂原】小田知宏氏「NPO法人発達わんぱく会」(浦安市)理事長
発達障害の早期発見・早期療育を目的とし幼児教室を運営。現在3か所目解説準備中。開業1年半で2,255万円の助成金、1,800万円の外部融資を集めた経緯、事前準備から今日に至るまでのご苦労と成長のプロセスをお話ししていただきます。
3.情報・意見交換
近隣NPOと交流を持ち、今後の活動に役立てましょう。


■NPO融資活用塾

千葉県24年度県民活動促進事業
< テーマ >
1.財務・会計の理解、銀行とのつきあい方
経営の結果は貸借対照表に現れる?いったいどこを見ればいいのでしょう。簿記の知識がなくてもできる自己診断。財務諸表の基本的な読み方や、NPOの座手無管理のポイントを押さえます。また、銀行は決算書の「どこを見るのか」元都市銀行支店長が解説します。
2.NPOの資金調達事例紹介
発表者:小田知宏氏「NPO法人発達わんぱく会」(浦安市)理事長
発達障害の早期発見・早期療育を目的とし幼児教室を運営。現在3か所目解説準備中。開業1年半で2,255万円の助成金、1,800万円の外部融資を集めた経緯、事前準備から今日に至るまでのご苦労と成長のプロセスをお話ししていただきます。
3.情報・意見交換
近隣NPOと交流を持ち、今後の活動に役立てましょう。
◆東葛地区第1弾
◇日時:
9月21日(金)14:00〜16:00
◇会場:
印西市市民活動支援センター TEL:0476-48-4500
印西市中央南1-4-1(中央駅前地域交流間2号館2階)

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 485 KB)

◆葛南地区第1弾
◇日時:
9月24日(月)14:00〜16:00
◇会場:
特定非営利活動法人ほっとハート
市川市新田5-14-11(JR市川駅北口徒歩5分)

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 428 KB)

◆実施団体(お問合せ先):NPO法人ACOBA
我孫子市本町3-7-10
TEL:04-7181-9701 FAX:04-7185-2241


■NPOの活動基盤強化講習会

〜主にNPO法人設立後1年〜3年経過したNPO法人を対象とした活動基盤強化講習会〜(平成24年度千葉県県民活動促進事業「県民活動基盤強化事業」)

講習会内容
  • ◇募集団体数:40団体、流山市または千葉市会場のどちらかを選ぶ。
  • ◇6回すべての講習会への参加が基本です。やむを得ない場合ご相談ください。
  • ◇開講時に標準開示フォーマットを、終了後に報告書を提出していただきます。(第1回講習会で説明)
  • ◆問合せ先・申込先:特定非営利活動法人子ども劇場千葉県センターTEL:043-301-7262

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 1.18 MB)


■2012/8/3【製菓・製パン個別相談会】追加開催!

6月29日実施の「製菓・製パン個別相談会」では、応募者多数のため、多くの事業所の相談ご希望に応じられませんでした。
そのため、次の日程で急きょ追加開催することと致しました。

◆対 象:
障害者福祉事業所の職員
(6/29の相談会にご参加頂いた事業所はご遠慮下さい)
◆定 員:
10事業所
◆相談料:
会員1,000円、非会員2,000円
◆日 時:
8月3日(金)10:00〜17:00の間 (1事業所当たり30分間)
◆場 所:
千葉市民会館 第6会議室
〒260-0017千葉市中央区要町1-1

相談を希望される事業所は、次の申込書をFAXしてお申し込みください。

 詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 301 KB)


■2012/7/31NPO会計の基礎知識

会計担当になったあなたのための
NPO会計の基礎知識

会計イメージ画像

「NPO法人の会計は難しい」と思っていませんか?
帳簿をつけるのがおっくうになっていませんか?
簡単な複式簿記を学ぶことで、帳簿をつけるのが楽になります。
NPO法改正に伴って採用されたNPO法人会計基準に即して、会計の 基礎をわかりやすく学びます。
はじめて会計を担当する方にオススメの講座です。

◆内容:
・NPO法人の会計 基礎編
・日常業務の留意点
・会計帳簿・帳票などの記帳
・月ごとの簡単な収支計算書の作り方 など
◆日時:
2012年7月31日(火)13:30〜16:00
◆場所:
千葉市民会館 第3会議室 (千葉駅徒歩8分)
◆講師:
伊庭洋司氏(NPOクラブ理事・相談担当スタッフ)
企業の監査役スタッフを務めたあと、NPOクラブのスタッフとなる。会計・法人運営などの相談経験が豊富。講義のわかりやすさには定評がある
◆対象:
NPO法人の会計担当者・理事
◆定員:
20名(先着順)
◆受講料:
2,000円
◆主催:
NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
詳しい内容と参加申込みはこちらから(PDF 576KB)


■2012/6/15【NPO融資活用塾】〜「融資利用支援事業」キックオフセミナー〜

◆日時:
平成24年6月15日(金) 13:30〜16:30(13:00受付開始)
◆会場:
千葉市ビジネス支援センター13F会議室
(千葉市中央区中央4-5-1きぽーる)
◆参加費:
無料
◆対象:
市民活動関係者(NPO等)
◆定員:
60名
◆内容

・第1部:

講演「多摩信用金庫における地域社会への取組」
講師:多摩信用金庫 価値創造事業部 部長 長島 剛 氏

・第2部:

「NPO融資活用塾」説明会
ガイダンス:融資利用実態調査にみる現状と課題(大塚マネジメント研究所 所長 大塚愼二 氏)
オリエンテーション:融資利用勉強会/個別指導
意見交換会:名刺をお持ちください

◆主催:
特定非営利活動法人ACOBA(アコバ)
NPO融資活用塾(PDF 832KB)


■2012/8/3【事業運営のリスク管理講座】〜リスクに備えるチカラをつける!〜

こんな時どうする? 画像

NPOや社会福祉法人の事業や活動が常に順調に進むとは限りません。思わぬ事故やトラブルが起きた時、どう対応するかで事業者の力量が問われます。
想定される事例に即して、事業運営に必要なリスク対応力をつけるポイントを学びます。

◆内容:
・リスクに関する法人の責任
・理事の責任
・ボランティア活動中の事故
・雇用に関する留意点
・理事・ボランティアと労働法
◆日時:
8月3日 (金) 13:30〜16:30
◆場所:
千葉市民会館4階 第3・第4会議室 (千葉駅徒歩8分)
◆講師:
石井敏則氏 (社会保険労務士・NPOクラブ理事)
◆定員:
40名(先着順)
◆受講料:
2,000円(振興センター会員1,000円)


■2012/6/7【県の出前説明会:NPO法の改正について知ろう!】

今年の4月、NPO法(特定非営利活動促進法)が改正されました。
その趣旨と主な改正点について、またNPO法人設立の申請や届出方法の変更についての留意点など、一緒に学びませんか?

  • ・NPOの設立申請は、どのようにするの?
  • ・「報告書類」の書き方が変わるの?
  • ・「総会」や「定款変更」は?
  • ・「認定NPO法人」は取りやすくなるの?

など、疑問についても詳しく聞けます。
NPO法人で活動している方、これからNPO法人を立ち上げたいと考えている方におススメです。
参加をお待ちしています。

◆日時:
2012年6月7日(木)14:00〜16:30
◆場所:
四街道市みんなで地域づくりセンター
◆講師:
千葉県環境生活部県民交流・文化課
◆対象:
NPO法人 および NPO法人をめざす方
◆参加費:
無料
◆定員:
20名 (先着順)
◆主催:
四街道市みんなで地域づくりセンター


■2012/6/7【NPO法人の事業報告書作成講座】

NPO法人は年度終了後に事業報告書等を提出しなければなりません。NPO法の改正により、今年度から会計報告の形式が変更されています。書類作成をスムーズに行うためには、日頃の会計処理を系統立てて行うことが大切です。この講座では、会計書類を中心に事業報告書の作成について学びます。

◆日時:
2012年6月7日(木) 13:30〜16:00
◆場所:
ちば市民活力創造プラザ(千葉駅徒歩10分)
(千葉市中央区中央2-5-1千葉中央ツインビル2号館9階 TEL:043-227-3081)
◆対象:
NPO法人の会計担当者、理事など
◆定員:
20名(申込み先着順)
◆受講料:
2,000円
◆講師:
伊庭洋司氏(NPOクラブ)
◆講座内容:
  • ・事業報告書等に関する法対応への留意点
  • ・事業報告書の書き方の事例
  • ・活動計算書等の記入にあたっての注意点
◆主催:
NPOクラブ
申込み・問い合わせ:NPOクラブまで
電話・FAX・メールにてどうぞ※受講料はお申込み後、郵便局でお振込みください。開講1週間前までのキャンセルについては返金します。
郵便振替口座:NPOクラブ 00160-9-567553


■2012/6/29【製菓・製パン個別相談会】

<相談者数が定員に達しましたので、募集を締め切りました>

焼き菓子、パンの<品質と技術>について専門家が個別に相談に応じます!

相談員 加藤晃先生

  • ◆対 象:障害者福祉事業所の職員
  • ◆定 員:10事業所
  • ◆相談料:会員1,000円、非会員2,000円
  • ◆日 時:629日(金)10:00〜17:00の間(1事業所当たり30分間)
  • ◆場 所:千葉市民会館 第1会議室〒260-0017千葉市中央区要町1-1
千葉市民会館への地図


■2012/3/28【NPO法人の事業報告書作成講座】

NPO法人は年度終了後に、事業報告書等を出すことが義務付けられており、千葉県ではホームページで公開しています。公開された報告書が、市民からの信頼や支援につながります。そのためには、日頃の活動を正確に、わかりやすく記入する必要があります。
来年度からは会計報告の形式が変わります。書類作成をスムーズに行うためには、日頃の会計処理を系統立てて行うことが大切です。この講座では、会計書類を中心に事業報告書の作成を学びます。

◆日時:
2012年3月28日(水)13:30〜16:00
◆場所:
千葉市民会館3階 第6会議室(千葉駅徒歩8分)
◆講師:
伊庭洋司氏(NPOクラブ理事・相談担当スタッフ)
◆対象:
NPO法人の会計担当者、理事など
◆定員:
20名(先着順)
◆受講料:
2,000円(お申し込みの後郵便振替口座:NPOクラブ00160-9-567553へ)
◆内容:
事業報告書等に関する法対応への留意点、事業報告書の書き方の事例活動計算書などの記入に当たっての注意点
◆主催:
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)

申込み・問合せ NPOクラブ

TEL:043-303-1688 FAX:043-303-1689 E-mail:npo-club@par.odn.ne.jp


■2012/2/6【消費者の心にとことん寄り添う!販促と売場づくりの基本】

〜平成23年度関東社会就労センター協議会・研修会〜

◆趣旨:
関東社会就労センター協議会が、授産事業・就労継続支援事業A型B型のサービス管理責任者の方や現場リーダーの方々向けて企画した「平成23年度研修会シリーズ」の仕上げ講座です。今回のテーマは「お客様(地域の消費者)に向けて施設の皆様が販売している商品・サービスを伝えきるために不可欠な消費者心理を徹底して考える」研修会です。
私たちが「十分な工賃を支払える能力を身につける」ために、どのように思考し、行動をすればよいのかをできるだけ分かりやすくお伝えする研修会です。このことは福祉サービスの利用者募集や障害者の就職支援にも共通しますので、施設・事業所のサービス管理責任者や現場リーダー・営業担当者の方々のみならず、施設長・管理者の方にとっても必要な内容となります。ぜひご参加ください。
◆主催:
関東社会就労センター協議会
◆協力:
全国社会就労センター協議会
◆日時:
平成24年2月6日(月)9:50〜16:00
◆会場:
全社協5F会議室 (次のページの案内地図をご参照ください)
(東京都千代田区霞が関3丁目3番2号 新霞が関ビル5F)
地図
◆募集:
定員 120名(先着順)(※研修の性格上、着席での受講を保証するため限定します)
対象(1)施設・事業所等のサービス管理責任者
(2)現場リーダーや営業担当者など第一線で支援を行う職員
(3)工賃アップの取り組みを担当者任せにしない責任ある施設長・管理者
◆参加負担金:
3,800円 (昼食弁当・お茶は別途1,200円)


■2011/12/15【「数字を読んで事業計画をたてる!財務諸表の読み方】

障害者就労事業所の施設長、または管理職のみなさま対象の研修

秋の販売シーズンを迎え、みなさま忙しく過ごされていることと思います。巷ではそろそろクリスマスの飾り付け準備に入っているようで、あっという間に年末を迎えることになりそうです。
さて皆様方におかれましては「収支計算書」など財務諸表を毎年作成し、各機関に提出されていることと思います。ただ義務として提出する書類というだけでなく、財務諸表には隠れた情報がたくさんあります。財務諸表から課題を読み取れるようになると、自分たちの事業所をどうしていくかを考え行動に移せるようになります。みなさまの参加をお待ち申し上げます。

◆日時:
12月15日(木)10:00〜16:30(昼食、休憩挟む)
◆場所:
〒261-8581 千葉市美浜区真砂5-15-2(駐車場あり)
JR京葉線 検見川浜駅から徒歩8分
JR総武線 新検見川駅から千葉海浜交通バス「海浜病院行き」「千葉西高校行き」「磯辺高校行き」で3つめのバス停「美浜区役所」下車。美浜区役所奥の建物です。
◆対象:
施設長またはサービス管理責任者など管理職の方
◆参加費:
無料
◆内容:
財務諸表の基礎と押さえるポイント
財務諸表で読む経営課題と対策
◆講師:
近藤豊彦氏(工賃倍増事業開発プロデューサー。大手都市銀行カード事業立ち上げ後、58歳で福祉の世界へ。平成13年〜21年社会福祉法人名古屋ライトハウス)


■2011/12/10【NPOの収益モデルを探る!】

〜持続可能な運営に必要なノウハウを学ぼう〜

NPOの活動はお金になりにくい活動が多いですが、だからこそ持続可能な運営に必要な収益モデルが必要です。
具体的な事例から活動のヒントを探ります。
ワーカーズハウスぐらすグループ代表の友野剛行氏が基調講演します。
ぜひ、ご参加ください。

◆日時:
12月10日(土) 14:00〜17:30(13:30開場)
◆会場:
千葉市ビジネス支援センター会議室1・2・3
千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる13階
◆対象:
NPO・市民活動団体、中間支援組織、関心のある方
◆参加費:
500円(当日支払)
◆定員:
100名(先着順)


■2011/10/25【椎茸栽培セミナー・資機材展示会】

「椎茸栽培」に取り組んでいる、または取り組みたい施設・事業所の皆様に耳よりなお知らせです。椎茸栽培技術に関する最新情報、より高く販売するための経営情報等々聞き逃せない情報満載のセミナーが開催されます。 参加ご希望の方は、振興センターまでご連絡下さい。

−平成23年度第27回千葉県椎茸栽培セミナー・資機材展示会−

◆日 時:
10月25日(火) 10:00〜16:00
◆場 所:
市原市加茂公民館(市原市養老949-1)
◆会 費:
無料
◆参加予定者:
90名
◆講 演:
(1) 生産者経営発表「私の椎茸栽培について」
  伊東 治夫 氏 (長柄町)
(2) 「農産物における放射性物質についての情報提供」
  千葉県農林水産部 安全農業推進課
  副課長(兼)食の安全推進室長 阿部 成利 氏
(3) 「新品種の特性と栽培のポイント」
  年内発生(オガ菌)VM 026  VM 028
  周年系 成型駒 5X29
  秋冬系 成型駒 4M46
  森産業(株)研究開発部  係長 田村 孝史 氏
(4) 「今年の乾しいたけの問題点について」
  日本椎茸農業共同組合連合会 代表理事  関本 義仁 氏
◆主 催:
千葉県農林組合連合会・森産業株式会社


■2011/12/6【製菓講習会[アドバンスコース]】

本年2月の製菓講習会受講者の方、または製菓、製パンに3年以上経験のある方を対象としたアドバンスコースです。
受講者の方は講習後も引き続き講師とのメールアドバイスを受けることができます。

◆講習内容
・クリスマス商品の製造指導
  • シュトーレン、ショコラ生地を応用した商品
  • 雪だるまクッキー
・各事業所商品のアドバイス(製品、レシピを持参)
◆対象:
・本年2月に開催した製菓講習会受講者の方
・製菓、製パンの経験が3年以上ある事業所職員の方
◆講師:加藤 晃 氏
国際フード製菓専門学校、小麦塾、パナデリア等講師等歴任
授産施設、障害者施設のお菓子・パンの技術指導(30施設以上)
◆日時:
12月6日(火)  9:30〜17:00
◆会場:
千葉県菓子共同高等職業訓練校
(千葉市中央区栄町41-3 043-227-4013)
JR千葉駅より徒歩12分
◆定員:20名
申し込み順で受け付けます。ただし定員を超えて申込があった場合は、製菓を工賃支払いのための収益事業に位置づけている事業所を優先します。また、1事業所からの参加者を制限させていただく場合があります。
◆受講料
振興センター 会員事業所 :1日につき1,000円
非会員事業所:1日につき2,000円


■2011/11/1・10・22【製菓講習会[ベーシックコース]】

焼き菓子の製造技術の向上と新商品開発を目指した講習会を本年2月に続き、下記のとおり開催いたします。受講者の方は講習後も引き続き講師とのメールアドバイスを受けることができます。焼き菓子の更なるレベルアップ目指したい、収益事業として売上を伸ばしたいとお考えの事業所の皆様、是非ご参加ください。

◆講習内容
1日目(11/ 1):食パン、クッキー、マフィン(講師主導で製造、実習)
2日目(11/10):1日目と同じ製品(受講者主体で製造)各事業所の製品アドバイス(製品、レシピを持参)
3日目(11/22):食パン(ホテルブレッド)、タルト製品等の商品を考案各事業所の製品アドバイス(製品、レシピを持参)
◆対象:
現在焼き菓子を生産している事業所、施設
本年2月に開催した製菓講習会受講者の皆さんは、12月6日(火)に開催する製菓講習会《アドバンスコース》への参加をお願いします。
◆講師:加藤 晃 氏
国際フード製菓専門学校、小麦塾、パナデリア等講師等歴任
授産施設、障害者施設のお菓子・パンの技術指導(30施設以上)
◆日時:
1日目:11月01日(火)  9:30〜17:00
2日目:11月10日(木)    同上
3日目:11月22日(火)    同上
※原則、参加者は継続受講とする。
◆会場:
千葉県菓子共同高等職業訓練校
(千葉市中央区栄町41-3 043-227-4013)
JR千葉駅より徒歩12分
◆定員:20名
申し込み順で受け付けます。ただし定員を超えて申込があった場合は、製菓を工賃支払いのための収益事業に位置づけている事業所を優先します。また、1事業所からの参加者を制限させていただく場合があります。
◆受講料
振興センター 会員事業所 :1日につき1,000円
非会員事業所:1日につき2,000円


■2011/9/6〜【ファンドレイザー育成講座】

「資金がないない」と言っているだけでは何も解決しません。市民活動団体の『資金調達』の基本を学ぶ全7回の研修です。自団体のファンドレイジング戦略の策定に活かし、講座修了後に実施できるような内容です。

日 時 内 容
第1回 9/6(火)13:30〜15:30 ファンドレイジング概論(成長戦略とファンドレイジング/組織の潜在力の洗い出し)
第2回 9/13(火)13:30〜15:30 ファンドレイジング7つのステップ
第3回 9/27(火)13:30〜15:30 アクションプランの策定
第4回 10/12(水)13:30〜15:30 共感を得るためのコミュニケーションメッセージの抽出からツール作成
第5回 10/25(火)13:30〜15:30 様々なファンドレイジング手法の紹介(資金仲介機能の全体像など)
第6回 11/8(火)13:30〜15:30 ファンドレイジングのステップアップ戦略(小口から大口まで)
第7回 11/22(火)13:30〜15:30 ファンドレイジングに関係する会計、税務、支援税制
  • ◆会場:千葉市民会館会議室
  • ※第5回は千葉市ビジネス支援センター会議室です。ご注意ください。

  • ◆主催:千葉県
  • ◆企画・運営:NPO法人日本ファンドレイジング協会
  • ◆対象:千葉県内NPO 定員:20名 参加費:無料
  • ◆申込み締切:8月26日(金)

企画運営、申込み、問合せ先:NPO法人日本ファンドレイジング協会
東京都港区新橋4-24-10アソルテイ新橋302TEL 03-6809-2590 FAX 03-6809-2591   E-mail info@jfra.jp

※千葉県県民活動促進事業ファンドレイザー養成講座開催事業


■2011/7/14【福祉的就労の将来像とは】

藤井克徳氏・写真



ビッグな二人が熱く語る!
「福祉的就労の将来像とは」
―どうなる、どうする障害者の働く場―

大塚由紀子氏・写真

授産施設、就労継続支援事業所、小規模作業所、地域活動支援センター等の福祉的就労事業所(以下「就労系事業所」と記す)は、障害者の就労支援、工賃向上等に関して必ずしも充分な成果を上げておらず、そのあり方が問われています。 障がい者制度改革推進会議就労合同作業チームにおいては、現行の就労系事業を生活介護事業とともに、「就労系事業」と「作業・活動系事業」に再編すること、特に前者においては働く障害者の労働者性を重視し、「安定した雇用・就労に結びつかない障害者に適切な就業の機会を保障するため、試行事業(パイロット・スタディ)として賃金補填の他、多様な働き方の『就労系事業』を実施する。」ことが提唱されており、就労系事業の新たな改革の動きが見られます。 そこで、本研修会では、障害者の働く意義と福祉的就労が果たしてきた役割を問い返し、就労系事業所が障害者の働く場、就労支援の担い手として真にその役割を負えるよう、そのあり方や将来像を考えたいと思います。どなたでも参加できます。ぜひお出でください。

  • ◆主催:千葉県知的障害者福祉協会授産部会
    • *連絡先:オリーブハウス(TEL 043‐216‐8211 email rijicho@olivehouse.info)
  • ◆日時:平成23年7月14日(木)午後1時30分〜5時30分
  • ◆場所:千葉市生涯学習センター(千葉市中央区弁天町3‐7‐7)
  • ◆内容:
    • ◇講演1:「障害者の就労と障がい者制度改革について」講師 藤井克徳氏(日本障害者フォーラム幹事会議長 詳細、別紙)
    • ◇講演2:「障がい者があたりまえに働ける社会の実現を目指して」講師 大塚由紀子氏 (FVP社長 詳細、別紙)
    • ◇鼎談: 「どうなる、どうする障害者の働く場」登壇者 藤井克徳氏 大塚由紀子氏 授産部会員(川口、加藤)


■在宅就労を目指す方へ『千葉サーマウント・バーチャル工房』訓練生募集のご案内


このイラストは、A型従業員WEB事業部の方が作成しました。

平成23年千葉県重度障害者在宅就労促進特別事業『千葉サーマウント・バーチャル工房』とは・・サーマウント(surmount)障害を乗り越える千葉県よりITを活用した重度障害者在宅就労支援として、社会福祉法人あかねが委託され運営しています。重度障害者の方に、データ入力、WEB作成業務について技術・知識を身につけ、就労可能なレベルに訓練します。訓練修了後は、在宅就業者として登録することができ、登録者の能力に応じて在宅就業に関する支援を行います。千葉サーマウントバーチャル工房

  • ◆目標:データ入力・WEB制作について必要な技術・知識を身につけ就労可能なレベルに到達すること。
  • ◆募集人員:10名
  • ◆訓練期間:平成23年7月1日(金)〜3月30日(金)
  • ◆応募資格:
    • 千葉県内在宅(身体障害者養護施設入所者も可)の障害者手帳の交付を受けている重度障害者で、パソコンの基本的な操作ができる方(文字入力、インターネット、メール等)
    • 就労に意欲と能力(学力・社会性・自己管理力・体調管理及び健康管理力・コミュニケーション手段の確保・職業意識及びマナー等)を有し、常に向上心を有する方
  • ◆提出書類:
    • 申込用紙とパソコンの経験シートをご記入の上、提出してください。
    • 提出書類はホームページからダウンロードし記入後メール、FAXもしくは郵送でお送り下さい。
  • ◆費用:無料 ※ただし、講座で使用するパソコン、ソフトウェア、テキスト(一部自己負担)は各自ご用意して頂きます。
  • ◆選考方法:選考は、書類、面接審査の結果により決定いたします。
  • ◆募集期間:平成23年6月15日(水)〜10月31日(月)
  • ◆お問合せ・募集先は
    社会福祉法人あかねワークアイ・ジョブサポート【千葉サーマウント・バーチャル工房】
    〒273-0031 船橋市西船4-19-3西船成島ビル5F 担当:角田
    kakuta@akane-net.or.jp
    http://akane-net.or.jp/
    TEL:047-420-7000FAX:047-420-7021


■2011/8/2【法人運営のリスク管理】

−リスク対応の力をつける−

福祉事業所等の事業や活動が常に順調に進むとは限りません。思わぬ事故やトラブルが起きた時、どう対応するかで団体の力量が問われます。
具体的な事例を通して、法人に必要なリスク対応力をつけるポイントを学びます。

  • ◆日時:8月2日 (火) 13:30〜16:30
  • ◆場所:千葉市民会館4階 第3・第4会議室(JR千葉駅徒歩8分)
  • ◆講師:石井敏則さん (社会保険労務士・NPOクラブ理事)
  • ◆定員:40名
  • ◆受講料:2,000円 (振興センター会員:1,000円)
  • ◇主催:特定非営利活動法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
  • ◇協力:特定非営利活動法人千葉県障害者就労事業振興センター


■2011/7/25【NPO会計の基礎知識】

「NPO法人の会計は難しい」と思っていませんか?
帳簿をつけるのがおっくうになっていませんか?
簡単な複式簿記を学ぶことで、帳簿をつけるのが楽になります。2010年7月に発表された「NPO法人会計基準」に即して、会計の基礎をわかりやすく学びます。
はじめて会計を担当する方にオススメの講座です。

◇日時:
2011年7月25日(月)13:30〜16:00
◇場所:
千葉市民活動センター 会議室
(千葉都市モノレール「市役所前」駅徒歩1分・千葉中央コミュニティセンタービル1階)
◇講師:
伊庭洋司氏 (NPOクラブ理事・相談担当スタッフ)
◇対象:
NPO法人の会計担当者・理事
◇定員:
20名(先着順)
◇受講料:
2,000円
◇内容:
・NPO法人の会計 基礎編
・日常業務の留意点
・会計帳簿・帳票などの記帳
・月ごとの簡単な収支計算書の作り方 など
◇主催:
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ (NPOクラブ)

■2011/7/12〜13「東日本大震災」支援【お菓子つくり、パンつくりセミナー】

横溝シェフ・中村シェフ・山本シェフ

  • ◆お菓子つくりセミナー (定員60名 定員になり次第締切)
    〜家庭で作れるブッセ、チーズケーキetc.〜
    • ◇講師:横溝 春雄シェフ(リリエンベルグ)、中村 逸平シェフ(ラ・テール洋菓子店)
    • ◇開催日時:2011年7月12日(火) 13:00〜17:00終了予定
    • ◇受講料:5,000円
  • ◆パンつくりセミナー (定員60名 定員になり次第締切)
    〜家庭で作れるブリオッシュ、フランスパン、コンフィチュール、サブレetc.〜
    • ◇講師:山本 敬三(パンステージ・プロローグ)、横溝 春雄シェフ(リリエンベルグ)、中村 逸平シェフ(ラ・テール洋菓子店)
    • ◇開催日時:2011年7月13日(水) 10:00〜16:00終了予定
    • ◇受講料:5,000円(昼食つき)
  • ◆会場 (定員60名 定員になり次第締切)
    • 日本製粉梶@東部技術センター7階研修室
    • 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5−32−7(NOF南新宿ビル)
    • (JR新宿駅新南口より徒歩5分、JR代々木駅東口より徒歩5分)
  • ◆主催:特定非営利活動法人NGBC
    • お問合せ先:(株)櫛澤電機製作所
    • (TEL:045-431-1178 E-mail:kusizawa@kusizawa.com)
    • ◇なお、振興センター主催の製菓講習会は9月〜11月に予定しています。

■2011/6/3【ビジネスマナー研修】

ビジネスマナー

"まごころ"を伝える接客マナー
〜人間関係・ビジネスマナーの基本を見直す〜

毎回、ご好評頂いている「ビジネスマナー研修」。今年は6月3日千葉市文化センターで、1日かけての の開催です。
お申し込み先着順の受付で、定員(30名)となり次第の締切となります。
お早めのお申し込みをお願い致します。

  • ◆内容:
    • オリエンテーション
    • ◇組織におけるマナーの必要性を考える。
    • (1)豊かな人間関係構築の5原則
    • お客様とのより良い人間関係づくりのために、思いやりの気持ちの伝え方を学ぶ。 「挨拶・表情・身だしなみ・言葉づかい・態度」の5項目をあたたかな人間関係の基本・マナーの基本として捉え、その大切さと実践のポイントを考える。
    • ◇挨  拶:温かい人間関係づくりの第一歩。
      自分の心を開き、相手に迫る挨拶のポイントを理解する。
    • ◇表  情:相手の表情は自分を映す鏡。豊かな表情をつくるための表情訓練を実習する。
    • ◇身だしなみ:第一印象はわずか数秒で決まる。
      誰からも好印象を持たれる身だしなみを習得する。
    • ◇言葉づかい:言葉づかいは、心づかい・気づかいを形に表したもの。
      相手の方を大切にする言葉選び・言い回しを理解する。
      また、人間関係の潤滑油の役目をする敬語の種類とつかい方を学ぶ。
    • ◇態  度:誠意・熱意・創意など内面的態度を外面的態度に表わすポイントを理解する。
    • (2)電話応対スキル
    • 「見えない相手とのコミュニケーション」という電話最大の特性を理解し、正確さと簡潔さはもちろんのこと、プラスアルファーの心配りや気づかいを伝える電話応対の基礎を習得する。
    • ◇電話の特性理解
    • ◇基本応対実習:かけ方・受け方/名指し人・在不在/伝言の受け方・残し方
    • ◇ケーススタディ:面識のない企業への電話のかけ方等
    • (3) 信頼感を伝えるビジネスマナーの実践
    • 態度は「目に入る言葉」と言われ、相手に対する思いやりや心構えを形にして表現する力を持っている。お客さまへの感謝の気持ちや気づかいが伝わる立ち居振る舞いを実践的に身につける。
    • ◇接遇動作:物の授受/指し示し/案内/名刺の扱い/上席の判断基準
    • ◇ロールプレイ実習
      来客・訪問客のお迎え〜お見送りの際の一連の流れ/講師アドバイス
    • ◆講師:キャプラン株式会社(JALアカデミー)
    • ◆会場:千葉市文化センター 会議室3,4(9階)
    • ◆日程:6月3日(金) 9:30〜16:30(9:10開場)
    • ◆定員:30名(お申込先着順)
    • ◆受講料:1,000円(会員500円)

■2011/2/14・3/10・3/24【製 菓 講 習 会】

3月22日時点の情報で、「製菓講習会」の会場となる「千葉県菓子共同高等職業訓練校」が所在する千葉市中央区栄町は計画停電の対象外地域となっています。
従いまして、第3回製菓講習会は当初の予定通り24日(木)午前9時30分より開催致します。

このたび、振興センターでは、日本セルプセンターのご協力を頂き、焼き菓子の製造技術の向上と新商品開発を目指した講習会を下記のとおり開催いたします。

焼き菓子の更なるレベルアップ目指したい、収益事業として売上を伸ばしたいとお考えの事業所の皆様、是非ご参加ください。

  • ◆日時:
    • 1日目:2月14日(月)  10:00〜16:30
    • 2日目:3月10日(木)  10:00〜16:30
    • 3日目:3月24日(木)  10:00〜16:30
    • ※原則、参加者は継続受講とする。
  • ◆会場:千葉県菓子共同高等職業訓練校
    • (千葉市中央区栄町41-3 TEL 043-227-4013)
    • JR千葉駅より徒歩12分
  • ◆主催:特定非営利活動法人 日本セルプセンター
  • ◆講師:加藤 晃 氏
    • 国際フード製菓専門学校、小麦塾、パナデリア等講師等歴任
    • 授産施設、障害者施設のお菓子・パンの技術指導(30施設以上)
  • ◆対象:現在焼き菓子を生産している事業所、施設
    • ※参加の場合は、事業所(施設)で生産している焼き菓子(10枚程度)を、第1日目にご持参ください。
  • ◆定員:20名(1事業所につき2名まで)
    • ※定員を超えて申込があった場合は、製菓を工賃支払いのための収益事業に位置づけている(検討している)事業所を優先します。
  • ◆受講料:無料
  • ◆講習内容:
    • 焼き菓子のシェフを日本セルプセンターより派遣して頂き、指定した焼き菓子講習会を3日間に渡り指導する。指導→フォローアップ指導→定着指導を一定期間をおいて行うことによって技術の習得・定着化を図る。参加施設が製造している焼き菓子についてのアドバイスと共に、地域の食材を利用した、あたらしいレシピによる焼き菓子の試作を行う。
  • ◆参加申込:
    • 別紙「参加申込書」に必要事項を記入の上、2月3日(木)までに、FAXまたはメールにて千葉県障害者就労事業振興センターまでお申込ください。

■2011/1/26【第2回オリーブの樹公開講座「稼ぐ秘訣!」】

安心・安全が担保されていなければ、いくら良い品でも商品とは言えません。
今回の講座では、商品を作る上で最低限順守すべきことを学びます。
公開講座「稼ぐ秘訣!」の第2回を下記のとおり開催いたしますので、奮ってご参加ください。

  • ◆演題:『授産製品のコンプライアンスについて』
    • 講師 高田かおり氏 (株)消費経済研究所 ディレクター
    •  
      最近、「コンプライアンス」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、「コンプライアンス」とはどのようなことを言うのでしょうか。「コンプライアンス」は企業だけが実践することでしょうか?
      授産製品だから、法律は順守しなくてもなんとかなる、大目に見てもらえる、などという考え方は現在では通用しません。授産製品の製造・販売に深く関わる法律について、最新情報を交えながら事例をもとに説明していきます。 =高田氏=
       
  • ◆開催場所:千葉市民会館 第5会議室
    • 千葉市中央区要町1-1(JR千葉駅下車徒歩5分) 043(224)2431
  • ◆開催日時:2011年1月26日(水) PM3:00〜
  • ◆問合せ先:就労移行支援事業オリーブハウス
    • 〒262-0001 千葉市花見川区横戸町786
    • TEL043-216-8211   Fax043-216-8212
    • Email rijicho@olivehouse.info
  • ◆入場無料

■2010/11/24【オリーブの樹公開講座「稼ぐ秘訣!」】

ニーズからシーズへと製品(商品)作りの視点が変化を遂げている中で、授産製品が更に売れるよう「稼ぐ秘訣!」をテーマに、4回の講座を行います。

その第1回を下記のとおり開催いたしますので、奮ってご参加ください。

  • ◆演題:『いい仕事を実現するプランについて』
    • 講師 遠藤礼二氏 (有)マインドネットワーク代表取締役
    • いい仕事とは「みんなができて、楽しくやれて、利益が上がる」という三拍子揃った仕事を持続してやれること、そのためのしくみ作りが大切だと思います。
      自主製品作りであれば、マーケットリサーチ⇒製品企画⇒製品作り⇒販路・販売という流れをトータル的にとらえて、売れる製品(商品)を育てていくためには、必要な要素は何かを考えていくことです。           =遠藤氏=
  • ◆開催場所:千葉市生涯学習センター 研修室1
    • 千葉市中央区弁天3-7-7- Tel043-207-6811
  • ◆開催日時:2010年11月24日(水) PM3:30〜
  • ◆問合せ先:就労移行支援事業オリーブハウス
    • 〒262-0001 千葉市花見川区横戸町786
    • Tel043-216-8211   Fax043-216-8212
    • Email rijicho@olivehouse.info     担当、加藤裕二
  • ◆予約不要、入場無料です。

■2010/10/14【「NPO法人会計基準」学習会】

〜学ぼう!使おう! NPO法人の信頼性向上のために〜

NPOの活動を多くの地域の人たちに知ってもらい、より多くの信頼と共感を得るために、会計報告書を作る統一ルールとして「NPO法人会計基準」が公表されました。全国のNPO支援組織が参加して議論を重ね、1年4ヶ月をかけて作成したものです。
この学習会では、作成の議論に参加したメンバーが「NPO法人会計基準」について具体的に説明します。ポイントを学び、今後の会計報告書作成に生かしていきませんか。

  • ◆日 時:2010年10月14日(木)13:30〜16:30
  • ◆場 所: 千葉市民活動センター会議室
    (千葉市中央区千葉港2-1 千葉市中央コミュニティセンター1階)
  • ◆内 容: @解説「『NPO法人会計基準』について」
    A質疑応答
  • ◆講 師: 加藤達郎氏 (税理士、NPOクラブ専門家相談ネットワーク部会長)
  • ◆対 象: NPO法人メンバー(理事・会計担当者)、NPO支援組織、行政、税理士、関心をお持ちの方
  • ◆定 員: 30名(要予約)
  • ◆主催・申込み・問合せ先:
    特定非営利活動法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
    千葉市美浜区真砂5-21-12 TEL 043-303-1688 FAX 043-303-1689
    E-mail npo-club@par.odn.ne.jp ホームページ http://www2.odn.ne.jp/npo-club
    郵便振替口座 NPOクラブ 00160-9-567553
  • ◆協力:NPO法人会計基準協議会 http://npokaikei.blog63.fc2.com
    参加費 2,000円(資料代込み実費)
    *資料:冊子「NPO法人会計基準策定プロジェクト最終報告」(1,000円)

■2010/8/17【販売スキルアップ研修】

〜販売の現場に学ぶ、顧客の心を捉える売り場づくりと接客〜

夏祭りや秋の地域イベントなどで、自主製品を販売する機会も多いと思います。自分たちが作り上げた商品をお客様にお求め頂くためには何が必要なのでしょうか。福祉の枠を超え、地域の消費者に作り手の皆さんの想いが届くためのアドバイスを、販売現場のプロがお伝えします。
イベント販売だけでなく、ショップ運営を行っている事業所の方にもおすすめの研修会です。

  • ◆日時:8月17日(火)13:30〜16:00
  • ◆会場:さわやかちば県民プラザ 3階会議室1(柏市柏の葉4−3−1)
  • ◆講師:小高 政明 氏(イオン柏ショッピングセンター モールマネージャー、はーとふるメッセ・オブ・ザ・イヤー2009 販売部門審査員)
  • ◆対象:主に自主製品の製造、販売を行っている障害者就労支援事業所の施設長・スタッフの皆様
  • ◆定員:30名(先着順)
  • ◆受講料:無料

■2010/8/3【こんな時、どうする?! NPO運営のリスク管理】

〜事例に学ぶ リスク対応力の育てかた〜

NPOの事業や活動が常に順調に進むとは限りません。思わぬ事故やトラブルが起きた時、どう対応するかで団体の力量が問われます。具体的な事例を通して、NPOに必要なリスク対応力をつけるポイントを学びます。
社会福祉法人等、NPO以外の団体の皆様もご参加を歓迎します。

  • ◇内容
    • ●リスクに関する法人の責任、理事の責任
    • ●ボランティア活動中の事故
    • ●雇用に関する留意点
    • ●理事・ボランティアと労働法、など
  • ◇ここが聞きたい
    • ●ボランティアが事故を起こした時、賠償責任は問われる?
    • ●理事は労災保険を使えるの?
    • ●ボランティア活動保険の対象はどこまで?
    • ●ボランティアやスタッフ採用の時の取り決めで、気をつけることは?
    • ●有償ボランティアって労働者?
    • ●利用者の工賃に最低賃金は適用される?
  • ◆日 時:2010年8月3日 (火) 13:30〜16:30
  • ◆場 所:千葉市美浜保健福祉センター 4階 大会議室
    (京葉線検見川浜駅徒歩8分)
  • ◆講 師:石井敏則氏 (社会保険労務士・NPOクラブ理事)
  • ◆定 員:40名
  • ◆受講料:2,000円(振興センター会員1,000円)

■2010/6/27【施設商品のインターネットによる販売促進・販路拡大の調査研究」(平成21年度日本財団助成研究調査事業)成果報告会】

ハンディのある人を対象とするビジネス研究会(HIP)は、2004年以来授産施設で作られる商品のマーケティング手法を調査研究してきています。
平成21年度は日本財団からの助成を受けて、今までの研究で得られた知見をもとに、インターネットによる販売促進・販路拡大の可能性を検証するとともに、施設商品がソーシャル消費の対象となりえるかどうかの検討を行い、報告書にまとめることができました。
つきましては、今回の調査研究でご協力をいただいた方々をはじめ、授産品振興に関わっている方々、授産品を応援したいと思っていらっしゃる方々と、報告内容を共有し、今後の授産品の発展に向けて意見交換をさせていただきたいと思っております。
みなさまのご参加をお待ちしています。

  • ◆日時:2010年6月27日(日) 15時〜17時(若干の時間の変更あり)
  • ◆場所:日本財団2階会議室
  • ◆定員:30名
  • ◆参加費:無料
  • ◆プログラム:
    • 調査研究報告
      • ・ドロップシッピングを活用した授産品のインターネット販売
      • ・ソーシャル消費の対象としての施設商品の可能性(顔晴る計画より)
    • 授産品の発展に向けた討議
    • *終了後、有志による懇親会を予定しています。
    • お申し込み方法:こちらからお申し込みください。

本成果報告会で発表された調査研究報告「施設商品のインターネットによる販売促進・販路拡大の調査研究」の資料は日本公益図書館(広く公益に関わる資料・文献を収集・公開するオンライン図書館)にアップされており、ダウンロードすることができます。次をクリックするとアクセスできます。

日本公益図書館>ハンディのある人を対象とするビジネス研究会


■2010/7/14【平成22年度 福祉施設職員研修】

〜商品企画・開発力をつける〜
〜良い商品を売れる商品にするために〜

  • ◆目的:福祉施設の中堅職員に期待される役割を実践するための能力を醸成することを目的とする。
  • ◆期日:平成22年7月14日(水)
  • ◆会場:千葉市社会福祉研修センター研修室(千葉市ハーモニープラザB棟2F)
  • ◆講師:山田 泰久 氏(日本財団)
    緒方 ともみ(振興センター経営支援相談員)
  • ◆対象:千葉市内社会福祉施設等(入所・通所)に勤務する、概ね3年以上の中堅職員
  • ◆定員:30名
  • ◆受講料:無料
  • ◆実施機関:(社福)千葉市社会福祉協議会 千葉市社会福祉研修センター

■2010/7/1【会計担当になったあなたのための「NPO会計の基礎知識」】

「NPO法人の会計は難しい」と思っていませんか?
帳簿をつけるのがおっくうになっていませんか?
簡単な複式簿記を学ぶことで、帳簿をつけるのが楽になります。
日々のお金の出し入れ、帳簿のつけ方を中心に、会計の基礎をわかりやすく学びます。
はじめて会計を担当する方にオススメの講座です。

  • ◆日時:7月1日(木)13:30〜16:00
  • ◆場所:千葉市民活動センター会議室
    (千葉都市モノレール「市役所前」駅徒歩1分・千葉中央コミュニティセンタービル1階)
  • ◆講師:伊庭 洋司 氏
  • ◆対象:NPO法人の会計担当者・理事
  • ◆定員:20名
  • ◆受講料:2,000円
  • ◆主催:NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)

■2010/5/21・5/28【ビジネスマナー研修】

“まごころ”を伝える接客マナー 〜人間関係・ビジネスマナーの基本を見直す〜
  • ◆内容:

    オリエンテーション

    ◇組織におけるマナーの必要性を考える。


    (1) 豊かな人間関係構築の5原則

    お客様とのより良い人間関係づくりのために、思いやりの気持ちの伝え方を学ぶ。

    「挨拶・表情・身だしなみ・言葉づかい・態度」の5項目をあたたかな人間関係の基本・マナーの基本として捉え、その大切さと実践のポイントを考える。

    ◇挨:温かい人間関係づくりの第一歩。

    自分の心を開き、相手に迫る挨拶のポイントを理解する。

    ◇表:相手の表情は自分を映す鏡。豊かな表情をつくるための表情訓練を実習する。

    ◇身だしなみ:第一印象はわずか数秒で決まる。

    誰からも好印象を持たれる身だしなみを習得する。

    ◇言葉づかい:言葉づかいは、心づかい・気づかいを形に表したもの。

    相手の方を大切にする言葉選び・言い回しを理解する。

    また、人間関係の潤滑油の役目をする敬語の種類とつかい方を学ぶ。

    ◇態:誠意・熱意・創意など内面的態度を外面的態度に表わすポイントを理解する。

    (2) 電話応対スキル

    「見えない相手とのコミュニケーション」という電話最大の特性を理解し、正確さと簡潔さはもちろんのこと、プラスアルファーの心配りや気づかいを伝える電話応対の基礎を習得する。

    ◇電話の特性理解

    ◇基本応対実習:かけ方・受け方/名指し人・在不在/伝言の受け方・残し方

    ◇ケーススタディ:面識のない企業への電話のかけ方等

    (3) 信頼感を伝えるビジネスマナーの実践

    態度は「目に入る言葉」と言われ、相手に対する思いやりや心構えを形にして表現する力を持っている。お客さまへの感謝の気持ちや気づかいが伝わる立ち居振る舞いを実践的に身につける。

    ◇接遇動作:物の授受/指し示し/案内/名刺の扱い/上席の判断基準

    ◇ロールプレイ実習

    来客・訪問客のお迎え〜お見送りの際の一連の流れ/講師アドバイス

  • ◆講師: JALアカデミー株式会社
  • ◆日程:柏会場(さわやかちば県民プラザ)5月21日(金) 13:30〜16:30(13:10開場)
    千葉会場(美浜保健福祉センター)5月28日(金) 13:30〜16:30(13:10開場)
  • ◆定員: 各会場30名(お申込先着順)
  • ◆受講料:1,000円(会員500円)

■2010/3/26新体系移行講座「就労継続支援A型事業の研究」

就労支援系事業所(移行支援・継続支援B型)や旧法体系の授産施設等で、A型事業起ち上げをお考えの施設・事業所の皆様を対象とした勉強会

  • ◇就労継続支援事業A型(雇用型)の事業者が課題と展望を語ります。
  • ◇行政(県障害福祉課)による制度説明と申請手続き等へのご質問に答えます。
  • ◆日:3月23日(火)
    • 13:30
    • 13:35就労継続支援事業A型についての行政説明/千葉県障害福祉課
    • 14:00A型事業の課題と展望/(社福)オリーブの樹理事長 加藤裕二氏
    • 14:30質疑応答
    • 16:00
  • ◆参費:無料(「参加申込書」にてFAXでお申込下さい。)
  • ◆定:10名
  • ◆会:美浜保健福祉センター4階大会議室

■2010/3/18NPO応援講座「事業報告書作成は大丈夫ですか?」

NPO法人は年度終了後に事業報告書等を提出することが義務付けられており、千葉県ではホームページで公開されています。情報開示によって市民の信頼にもつながる報告書は、日頃の活動を正確に、わかりやすく記入することが必要となります。また会計報告の作成には、日頃の会計処理がどのようにされているかで手間も違ってきます。
この講座では、経験豊かな講師により事例を基にしたわかりやすい講義を行います。

  • ◆日時:2010年3月18日(木)13:30〜16:00
  • ◆場所:千葉市民活動センター会議室
  • (千葉都市モノレール「市役所前」駅前、千葉中央コミュニティセンター1階)
  • ◆講師:伊庭洋司さん(NPOクラブ理事・相談担当スタッフ)
  • 企業の監査役スタッフを務めたあと、NPOクラブのスタッフとなる。
  • 会計・法人運営などの相談経験が豊富。
  • ◆対象:NPO法人の会計担当者、理事など
  • ◆定員:20名(申込み先着順)
  • ◆受講料:2,000円
  • ◆講座内容:
  • 事業報告書等に関する法対応への留意点/事業報告書の書き方の事例/
  • 収支計算書などの記入に当たっての注意点/ 「管理費」「事業」の考え方と配分/
  • 決算のための事前準備など
  • ◆主催:ちば市民活動・市民 事業サポートクラブ (NPOクラブ)

申込みは下記申込書にご記入の上、FAX・E-mailにてNPOクラブまで

 参加申込みはこちらから(PDF 121 KB)

※受講料はお申込み後、郵便局でお振込みください。
郵便振替口座:NPOクラブ 00160-9-567553
受講料の入金は開講日の7日前までにお願いします。開講1週間前までのキャンセルについては返金します。


■2010/3/2ワンコインハート説明会/世界自閉症啓発デーに向けて

ワンコインハート

4月2日「世界自閉症啓発デー」に向けてひとりでも多くの皆様にご理解をいただきたくための企画『ワンコインハート』について、ご案内いたします。

Q:「ワンコインハート」とは?
A:ワンコイン500円で名刺50枚に啓発デーシールを貼ります。名刺交換をすることで、50名の方に世界自閉症啓発デーのことをお伝えすることができます。シールを貼る作業は、丁寧にシールを貼ることが得意の自閉症の方々にお願いをいたします。それにより、仕事量と作業工賃アップにもつながります。ぜひ、この活動にご賛同くださいますようお願いいたします。

■受注用件:@作業をお願いする事業所は振興センターの会員事業所とし、千葉県内の保健福祉圏域から各1事業所とします。

A自閉症の利用者の割合が多い事業所を優先します。

■単価シール貼付1枚あたり約6円

■説明会日時 3月2日(火)13:30〜14:30

会場 千葉市ビジネス支援センター(きぼーる内)13階 会議室1

(http://www.qiball.info/access/index.html)

■申込方法別紙参加申込書に必要事項を記入のうえ、2月22日(月)までに振興センター宛FAX、郵送等でお送り下さい

    
 
ワンコインハート

 参加申込みはこちらから(PDF 73 KB)


■2010/1/25福祉施設商品の販売力向上講座「オンリーワン商品の見せ方&売り方」

福祉施設が製造・販売する商品は、作り手の自立につながる大切な事業。「良い商品」をより「売れる商品」に向上させた施設では、どんな努力をしているのでしょう。

この講座では、全国300以上の福祉施設商品やショップを見てきた講師から、全国の先駆的な事例を紹介していただき、千葉でも使えるヒントを学びとります。

「商品の見せ方」イメージ
  • ●講義

    『いい施設』(=販売力のある施設)と『いい商品』(=評価の高い商品)の共通点を探る

    ★キラリと光る全国の先駆的事例とその理由をたっぷり紹介!

  • ● ワークショップ

    売れる商品への道すじを見つける!

    お悩み大相談会

    ★千葉の商品を題材に、参加者で課題解決にチャレンジ!

    斬新なアイディア大歓迎!

  • ◆日時:2010年1月25日 (月) 13:15〜16:45
  • ◆場所:千葉市美浜保健福祉センター 4階 大会議室
    (JR検見川浜駅徒歩8分)
  • ◆講師:山田泰久さん(日本財団 システム統括グループ 情報コミュニケーションチーム)
  • ◆定員:30名
  • ◆参加費:2,000円/人(振興センター会員:1,000円)
  • ◆対象:これから新しい就労支援事業を考えていきたい福祉施設の方、現在行っている就労支援事業の打開策を考えている福祉施設の方、地域でショップ事業をしている方、福祉施設との連携を考えたい企業の方、障害者福祉の現状を知りたい方など
  • ◆共催:特定非営利活動法人 千葉県障害者就労事業振興センター
    特定非営利活動法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

■2009/12/14 付加価値を産む!商品企画力向上講座「オンリーワン商品の作り方」

多くの福祉施設では、様々な商品を作って販売し、作り手の自立につなげています。「ココの商品だからこそ買いたい!」と感じさせる企画力がいま、求められています。

この講座では、全国300以上の福祉施設商品やショップを見てきた講師から、全国の優れた商品とその理由を紹介してもらい、千葉の施設の商品企画力をみがきあいます。

 
  
      
  • 容◇
  • ○講義

    売れる商品をつくるには?

    商品企画・開発のツボ

  • ○講義&事例紹介

    全国のスグレモノはココが違う!

    見て、聞いて、食べて学ぶ

  • ○ワークショップ

    千葉産品を使った新規商品を考えよう!

    豊かな千葉の農産物を材料に、
    グループで新しい商品を企画してみます。

  •   
 
  • ◆日時:2009年12月14日 (月) 13:15〜16:45
  • ◆場所:千葉市美浜保健福祉センター 4階 大会議室
    (JR検見川浜駅徒歩8分)
  • ◆講師:山田泰久さん(日本財団 システム統括グループ 情報コミュニケーションチーム)
  • ◆対象:これから新しい就労支援事業を考えていきたい福祉施設の方、現在行っている就労支援事業の打開策を考えている福祉施設の方、地域でショップ事業をしている方、福祉施設との連携を考えたい企業の方、障害者福祉の現状を知りたい方など
  • ◆定員:30名(申込み先着順)
  • ◆参加費:2,000円/人(振興センター会員施設は1,000円/人)
  • ◆共催:特定非営利活動法人 千葉県障害者就労事業振興センター
    特定非営利活動法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ

■2009/11/5「千葉県セルプ協主催・福祉人材採用成功セミナー」開催のご案内

低賃金・重労働という固定観念を打ち破り、採用と定着を成功させる方法を探ります。

  • ◆内容

    ・他法人が失敗する中、50名以上も応募を集めた求人法とは...

    ・はっきり言って、ただ広告を出しても人材は集まらない。

    ・“集める”のではなく伝える!

    ・採用活動は3ステップ法。

  • ◆日時:2009年11月5日(木) 13:00〜16:00(受付12:30)
  • ◆会場:千葉県社会福祉センター4階会議室 千葉市中央区千葉港4-3
  • ◆講師:株式会社船井総合研究所
  • ◆定員:40名
  • ◆参加費:8,000円(千葉県セルプ協会員は1名無料。2名以上5,000円/人)

■2009/9/17「関東社会就労センター協議会主催研修・企業との連携強化で工賃倍増を実現させる方法」開催のご案内

福祉サービス事業所と企業が手を組み、それぞれの強みを活かせば、利用者に工賃倍増と働きがいのある職場を提供できる!!
  • ◆内容

    ・「工賃向上チャレンジプラン」の現場から

    ・企業連携による工賃倍増事例の研究

    ・これからの福祉施設経営

  • ◆日時:2009年9月17日(木) 14:00〜17:45(受付13:30)
  • ◆会場:株式会社船井総合研究所五反田事業所
  • ◆定員:42名

■ 施設訪問型研修【商品力ブラッシュアップ研修】

振興センター運営インターネットショップサイト「はーとふるメッセ.com」およびドロップシッピングなどのインターネット販売に向けた商品作りを目指します。

一から新しい商品作りに取り組むのではなく、現在取り組まれている商品をブラッシュアップを通して、自分たちの力を検証していきます。

  • ◆定員:5団体
  • ◆応募者多数の場合は振興センターにて選考いたします。あらかじめご了承ください。
  • ◆受講料:会員 2,000円、非会員 4,000円
  • ◆スケジュール

    ◇応募締切8月10日(月)

    ◇選考、発表8月12日(水)

    ◇施設訪問8月後半〜9月前半

    *施設訪問の日程は発表後に調整いたします。


■2009/9/2・9/4【ビジネスマナー研修】

地域の方とのコミュニケーション 〜人間関係・ビジネスマナーの基本を見直す〜
  • ◆内容:

    オリエンテーション

    ◇組織におけるマナーの必要性を考える。


    (1) 豊かな人間関係構築の5原則

    お客様とのより良い人間関係づくりのために、思いやりの気持ちの伝え方を学ぶ。

    「挨拶・表情・身だしなみ・言葉づかい・態度」の5項目をあたたかな人間関係の基本・マナーの基本として捉え、その大切さと実践のポイントを考える。

    ◇挨:温かい人間関係づくりの第一歩。

    自分の心を開き、相手に迫る挨拶のポイントを理解する。

    ◇表:相手の表情は自分を映す鏡。豊かな表情をつくるための表情訓練を実習する。

    ◇身だしなみ:第一印象はわずか数秒で決まる。

    誰からも好印象を持たれる身だしなみを習得する。

    ◇言葉づかい:言葉づかいは、心づかい・気づかいを形に表したもの。

    相手の方を大切にする言葉選び・言い回しを理解する。

    また、人間関係の潤滑油の役目をする敬語の種類とつかい方を学ぶ。

    ◇態:誠意・熱意・創意など内面的態度を外面的態度に表わすポイントを理解する。

    (2) 電話応対スキル

    「見えない相手とのコミュニケーション」という電話最大の特性を理解し、正確さと簡潔さはもちろんのこと、プラスアルファーの心配りや気づかいを伝える電話応対の基礎を習得する。

    ◇電話の特性理解

    ◇基本応対実習:かけ方・受け方/名指し人・在不在/伝言の受け方・残し方

    ◇ケーススタディ:面識のない企業への電話のかけ方等

    (3) 信頼感を伝えるビジネスマナーの実践

    態度は「目に入る言葉」と言われ、相手に対する思いやりや心構えを形にして表現する力を持っている。お客さまへの感謝の気持ちや気づかいが伝わる立ち居振る舞いを実践的に身につける。

    ◇接遇動作:物の授受/指し示し/案内/名刺の扱い/上席の判断基準

    ◇ロールプレイ実習

    来客・訪問客のお迎え〜お見送りの際の一連の流れ/講師アドバイス

  • ◆講師: JALアカデミー株式会社
  • ◆日程:柏会場(さわやかちば県民プラザ)9月2日(水) 13:30〜16:30(13:10開場)
    千葉会場(美浜保健福祉センター)9月4日(金) 13:30〜16:30(13:10開場)
  • ◆定員: 各会場30名(お申込先着順)(1施設お二人までの参加とさせて頂きます)
  • ◆受講料:1,000円(会員500円)

■2009/8/18「関東社会就労センター協議会・研修会」開催のご案内

【販促と工賃アップへの道筋がはっきり見える!】
  • ◆趣旨:

    関東社会就労センター協議会が、授産事業・就労継続支援事業A型B型のサービス管理責任者の方や現場リーダーのみなさまのキャリアアップのために企画する「平成21年度研修会シリーズ」の第一弾です。今回のテーマは「お客様が『ください!』と自ら手を差し出すようになるための」販促と工賃アップへの道筋がはっきり見える!研修会です。私たちが、自立を目指す障害をもつ方々へ向けて「十分な工賃を支払える能力を身につける」ために、どのような行動をすればよいのかをできるだけ分かりやすく考える研修会です。また日本財団システム統括グループ情報コミュニケーションチームの山田泰久氏を特別講師に迎えて「『いい施設』の共通点とユニークな取り組み〜工賃アップと新規事業のヒント〜」をレクチャーしていただきます。その斬新な視点は明日からの改善エネルギーを生み出します。施設・事業所のサービス管理責任者や現場リーダー・営業担当者にとって必要な内容構成としました。また今回は、とくに施設の商品づくりとマーケティングを通じた工賃アップへの取り組みを担当者任せにしない責任感のある施設長・管理者の方も対象とします。ぜひご参加ください。あなた自身のキャリアアップに必ず役立つ研修会です。この研修の機会を活かすかどうか決めるのはあなた!
    人は、自分のスキルアップを実感してこそ幸せになれるのです。今までのこと、過去のことは問われません。これから5年後に向けた「今日の」勉強の姿勢こそが問われるのです。今スグに参加を申し込んでください!

  • ◆主催: 関東社会就労センター協議会
  • ◆協力: 全国社会就労センター協議会
  • ◆日時: 平成21年8月18日(火)9:30〜16:00
  • ◆会場: 全社協5F会議室 (東京都千代田区霞が関3丁目3番2号 新霞が関ビル5F)
  • ◆募集: 定員 130名(先着順)(※研修の性格上、着席での受講を保証するため限定します)

    対象(1)施設・事業所等のサービス管理責任者

    (2)現場リーダーや営業担当者など第一線で支援を行う職員

    (3)工賃アップの取り組みを担当者任せにしない責任ある施設長・管理者

  • ◆参加負担金: 4,000円(昼食弁当・お茶ペット付き)

■2009/8/5【NPO運営のリスク管理】

こんな時どうする?! 福祉作業所での課題を中心に
  • NPO法人を運営する上のリスク管理を学び、活動をより確かなものにしませんか。福祉作業所からNPO法人への移行を目指す団体のリスク管理を中心にお話しします。
  • ◆厚生労働省の資料の中から、施設・事業所向けの資料をあらためてわかりやすくまとめてご説明します。
  • ◆内容;
     ・リスクに関する法人の責任、理事の責任
     ・ボランティア活動中の事故
     ・雇用に関する留意点
     ・理事・ボランティアと労働法、など
  • ◆日時:8月5日(水) 13:00〜16:30
  • ◆会場:千葉市民会館 4階 第1・2会議室(千葉駅下車、徒歩8分)
  • ◆講師:石井敏則氏(社会保険労務士・NPOクラブ理事)
  • ◆主催:NPO法人 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)
  • ◆受講料:2,000円(会員は1,000円)

■2009/5/27〜28【新体系移行講座「自立支援法改正への対応」】<終了しました>

振興センターでは、4月に改正された自立支援法についての講座を下記の内容で開催いたします。

  • ◆制度見直しの概要と、報酬改定、加算の適用条件、利用者負担などの変更点について、最新情報をお伝えします。
  • ◆厚生労働省の資料の中から、施設・事業所向けの資料をあらためてわかりやすくまとめてご説明します。
  • ◆内容:
     1.「自立支援法見直しのポイント」/千葉県障害福祉課
     2.講演「新体系移行を主体的に考える方法」
    /講師:内藤 晃 氏(就職するなら明朗塾CEO・千葉県社会就労センター会長・『施設長の資格!』著者)
  • ◆会場・日程:
     1.千葉会場;5月27日(水) 千葉市美浜保健福祉センター
     2.柏 会場:5月28日(木) さわやかちば県民プラザ
  • ◆時間:両会場とも、13:30〜16:30 (13:10受付開始)
  • ◆参加費:無料
  • ◆定員:80名(申込みが定員に達し次第、締め切らせて頂きます)

■2009/3/20【ワークショップ・実践事例研修成果報告会】<終了しました>

振興センターでは、工賃向上に向けた「ちば工賃向上チャレンジプラン」の一翼を担い、さまざまな取り組みをおこなってきました。

この報告会では1年を振り返り、ご参加団体の皆様とともにその成果の共有と、今後の課題の確認等の情報交換を行います。「工賃向上」は、障害のある人にとって、地域でふつうに暮らすための前提条件である以上、不況下にあって一段とその重みは増しています。

来月から新年度が始まります。新たな取り組みに向けて、多くの皆様のご参加をお願いいたします。

  • ◆日時:3月20日(金)春分の日 13:30〜16:30
  • ◆場所:千葉県庁本庁舎1階多目的ホール
  • ◆主催:千葉県障害者就労事業振興センター

■2009/2/18 【「インターネットを活用した販売の成功ポイント」研修】<終了しました>


「ドロップシッピング」という新しい販売方法を活用して、工賃アップに活用してみませんか?

今回はドロップシッピングにおいて実績のある方を講師をお招きして、まずはドロップシッピングの仕組みを学んでいただいた後、
魅力的なサイト作りのポイントを教えていただきます。 あなたの施設のホームページを活用できます。


詳しい内容とお申し込みはこちら


■2009/1/15 〜 2/17 【無料会計相談会】<終了しました>

NPO会計、就労支援事業会計など、障害者福祉にかかわる施設にとって事業運営の枠組みとしての会計業務は、
いっそう重要になってきています。

正しい会計処理によりはじめて事業目的を完遂することができ、これまで築き培ってきた事業や実践をより豊かなものに
することができます。会計資料をお持ちいただいて、相談員が個別にご相談にのります。

日程・会場:

◆1月15日 茂原会場:茂原市総合市民センター
◆1月20日 成田会場:成田市健康福祉館
◆1月27日 柏会場:たんぽぽセンター
◆2月10日 木更津会場:木更津市テレワークセンター
◆2月17日 千葉会場:千葉市民活動センター


■ 2009/2/12〜13 【実践事例研修】<終了しました>

請負作業収入が工賃の主たる柱である施設向け研修

企業からの受注作業等の生産活動に従事する職員を対象に、「施設運営から事業経営へ」の意識改革を促 し、ひいては利用者の工賃向上に結びつけるための研修を実施し、職員の資質向上を図ります。

◆1月13日 柏会場:京北ホール
◆2月12日 千葉会場:美浜保健福祉センター4階会議室

 

 

Copyright (c) 2009 千葉県障害者就労事業振興センター all rights reserved.